きれいな女の人じゃなくておっさんギタリストが奏でる美しいハープメタルサウンド。

beauty photo

タイトルだけ読むと一体何を言っているのかわけわからんですが、私もよくわかりません。なんか、ハープでロックだということなんですが、はじめはハー『ブ』でロックかと思ったので、「ハーブ=葉っぱ=大麻=ロック」ってことかと、ラリッてロックってまあ普通だなと勝手に納得してたら、どうやら勘違いだったようです。

楽器のチェロで、マイケル・ジャクソンやレッド・ツェッペリンの曲を演奏するデュオ「2CELLOS」が、ジャンルの垣根を超えたスタイルで話題になったことは記憶に新しい。 …

ハープと言われて思い浮かべるのは、普通こんなのですね。

Young woman playing harp indoors with misty floor

美しい女性が美しいたたずまいで美しい音をポロロンと奏でる、ファンタジーですね。

で、ウワサのハープメタルがこれ。サムネイルですでにオチてるようにも見えますが、実際に聴くと音もなかなかメタルです。

これ全然違和感ないです。北欧メタルですな。ドラゴンランドにハープが加入すると言われても意外じゃないくらい。

てか、YouTubeで「harp metal」と入力してたら、検索候補に「harp metallica」とか「harp metal cover」とか、果ては「death metal harp」などと出てきて、むしろこっちのほうが気になるんですけど。

harp meta

しかも、検索結果のサムネイルに高確率で出てくるのが女の人のコンビなんですよね。ハープメタル界では有名な方なんでしょうか。おっぱい。

ガンズとかやってくれてます。おっぱい。

ハープはきれいな女の人のイメージだったけど、おっさんがハープでメタルやってるの見てビックリしたら、ハープのイメージどおりのきれいな女の人がメタルしてて、もうなにがなんだかわからないですわ。

私はもうハー『ブ』のほうでいいです。いや、そっちじゃなくてミントとか普通の。

シェアする!

フォローする!

ブログランキング参加中!
ブログランキング参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ