Windows 10 はシェア2割だそうです。1位は Windows 7 で、なんと XP が3位とな。

share photo

先日無償アップグレード期間が終了した Windows 10 ですが、世界中の人全員が駆け込みでアップグレードしたわけではなかったようです。マイクロソフトの思惑は外れたとみるべきでしょうかどうでしょうか。

 【ニューヨーク共同】米マイクロソフトが無料提供を終了したパソコン向け基本ソフト(OS)の最新版「ウィンドウズ10」の世界シェアが21%と2位にとどまり、首位は47%の「ウィンドウズ7」だったことが1日、米調査会社の調べで分かった。必要性を感じず「7」から「10」への更新を見送った人が多かったとみられる。

ウィンドウズ10の更新限定的 シェア2割にとどまる – 共同通信 47NEWS

私の場合は、10月頃から仮想環境に Insider Preview をインストールして使い心地を試してから、確か正月休みにアップグレードに踏み切りました。

パソコンではネットとワードエクセルくらいしか使ってないわけではなくて、写真編集とか動画編集とかゲームとかやってますので、検証作業は慎重にやったつもりです。

そこまでしてアップグレードしなくても 7 のままでいいじゃないかと言われそうですが、ぶっちゃけ新しもの好きだから使ってみたかったんですよね。見た目すっきりしててかっこいいし。ミニマルっすよミニマル。

しかしみなさんタダでアップグレードできますよと言われて、よく我慢できますね。私には無理です。本番環境をアップグレードした後も、特に不具合は出なかったので、アップグレードは成功でした。

びっくりなのが、XP がシェア3位なことです。Windows 10 にアップグレードしてほしい理由に、最新OSはセキュリティも高くなっていることを強調していたマイクロソフトさんですが、推すところ間違ったんじゃないかと思えなくもないですね。XP なんて今どき穴だらけでしょうから。見た目がかっこよくなった部分をプッシュしていたほうが一般ユーザーには訴求できたのかもしれません。わたしも見た目がナウかったから変えたクチですし。

米ネット・アプリケーションズが7月平均のシェアを集計した。3位は10%の「XP」、4位が8%の「8.1」とウィンドウズのシリーズが続いた。

ウィンドウズ10の更新限定的 シェア2割にとどまる – 共同通信 47NEWS

タダで最新のかっこいい OS プレゼントしてくれて、マイクロソフトさんありがとう。

ていうか、期間限定じゃなくていつでもアップグレードできるようにしたらいいのに。

シェアする!

フォローする!

ブログランキング参加中!
ブログランキング参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ