太陽観測衛星「ひので」が打ち上げ10周年、太陽の怖い映像をたくさん撮りました。

rising sun photo

太陽観測衛星「ひので」が、2006 年 9 月 23 日に打ち上げられてから 10 周年を迎えます。

そして、これまでの成果をまとめた動画がアップされています。

Amazing Sun Views From 10 Years Of The Hinode Observatory | Highlight Video

太陽の近くを周回しながら映像を撮影していますので、出来上がった映像は、ウリであるプロミネンスとかフレアとか黒点とかのドアップが中心でして、あの木星の大赤斑ドアップと同じ種類の恐怖を感じる、太陽の巨大さダイナミックさがよく分かる秀逸でホラーな素材となっています。

この映像の中に、地球の大きさを示す黒丸でもあれば、プロミネンスの中に地球が収まってしまうような大きさの差に、誰もがおしっこチビると思われます。

プロミネンスとか太陽とか見ると、ゲーム大好き人間である私は、「グラディウス II」とか「沙羅曼蛇(サラマンダー)」を思い出しますねぇ。ファミコン世代のシューティングゲームです。いや懐かしい。

なぜこれらのゲームを思い出すのかといいますと、グラディウス II は、第1ステージが人工太陽ステージと言いまして、たくさんある太陽の間を縫って進む、なかなかスリリングなステージでで、このステージの BGM が「Burning Heat」という曲で、これがまた超かっこいいのです。デストロイゼモー!

動画見たほうが早いですね。

そして沙羅曼蛇、第2ステージがですね、上下が太陽の表面のようにグツグツなってて、ときどきプロミネンスを吹き上げるんです。プロミネンスが出る場所が少し盛り上がった一瞬後に、一気にグワッと炎が半円を描くんです。プロミネンスのスピード感が上手くてですね、このときのコナミは光ってました。ただの権利ヤクザとなった現在となっては、もう見る影もありませんが。

なによりかっこいいのが、主人公である自機ですよ。自機の名前は「ビックバイパー」ですよ。「ビックバイパー」という文字を見ただけでテンション上がりますよ私は。

Vicviper

いやーかっこいいっすねー。超時空戦闘機ですから。中二病全開ですわ。

「ひので」は英語でライジング・サンですかね。かっこいいですね。10 年も活躍してるなんて、日本の人工衛星としては長寿命ですね。

「ひとみ」喪失がX線天文学に与える影響がわかる図

failure photo

ケアレスミスで機体が分解してしまった、X線天文衛星「ひとみ」ですが、どうやら結構なおおごとだったようです。

「ひとみ」は今後10年間のX線天文学を担うほぼ唯一のものだったのに、なくなってしまって、その10年間が観測できない空白の期間になってしまうと。

アメリカは「ひとみ」計画に参加してたので独自の計画はなし、欧州も今運用してるのが終わったら2028年まで予定なしと。

missions

「ひとみ」は大事なポジションだったということがわかります。
早く作って打ち上げるのは日本の責任ということになりますね。

後継機は「ひとみ」と同じく軟X線分光検出器(SXS)を中心とする設計で、早期かつ確実な設計・製造を目的とするため再製作を基本とする方針だ。一方で「ひとみ」の事故を踏まえ、安全を重視した設計の見直しや、人的な運用体制の見直しも徹底して行われる。

現在運用中の衛星が2018年まで運用を延長予定とありますが、そのあとなんとか延命してもらうとしても、10年くらい空白期間が生じてしまうことになります。10年は相当長いです。

日本の衛星「すざく」は2015年8月に科学観測を終了している。2016年7月現在運用中のチャンドラ(NASA)やXMMニュートン(ヨーロッパ宇宙 機関)は、すでに稼働年数が15年以上と長く、検出器の劣化も見られる。次の大型X線天文衛星計画は、ヨーロッパが主導で計画している Athena(2028年打上げ目標)までなく、2010年代後半の他波長での大型観測が始まる大事な時期にX線天文学の最も重要な部分が空白期となって しまうことが懸念されている。

現在でもダマシダマシ使っているような状態なんでしょうか。チャンドラのWikipedia記事みたら打ち上げは1999年。20世紀です。

チャンドラX線観測衛星(チャンドラ エックスせんかんそくえいせい、英:Chandra X-ray Observatory)は、1999年7月23日NASAによって打ち上げられた人工衛星である。スペースシャトルコロンビアによって放出された。

チャンドラ (人工衛星) – Wikipedia

難しいこと抜きにして、美しい天体画像を届けてくれるのが天文衛星の魅力でもあります。2020年の打ち上げまで待つことにしましょう。関係者の皆さん頑張ってください。

小惑星探査機「はやぶさ2」が向かう先は「Ryugu(竜宮)」

亀 photo

久しぶりすぎる更新です。精神的に参っていたところです。
久しぶりの更新ですが、話題はヴァン・ヘイレンではございません。

われらがはやぶさ2の向かう先、小惑星 1999 JU3 について、名称が決まったとのことです。

その名も「Ryugu(竜宮)」。

JAXA | 小惑星探査機「はやぶさ2」の目指す小惑星1999 JU3の名称決定について

2.選定理由


  • 「浦島太郎」の物語で、浦島太郎が玉手箱を持ち帰るということが、「はやぶさ2」が小惑星のサンプルが入ったカプセルを持ち帰ることと重なること。
  • 小惑星1999 JU3は水を含む岩石があると期待されており、水を想起させる名称案であること。
  • 既存の小惑星の名称に類似するものが無く、神話由来の名称案の中で多くの提案があった名称であること。
  • 「Ryugu」は「神話由来の名称が望ましい」とする国際天文学連合の定めたルールに合致し、また、第三者商標権等の観点でも大きな懸念はないと判断したため。

小惑星の名前は、神話由来の名称が望ましいなんていうルールがあるんですね。国際天文学連合の定めたルールとやらが知りたいと思いました。

で、調べてみました。

Naming of Astronomical Objects | IAU

上記国際天文学連合のサイトに命名規則のページがありまして、準惑星とか小惑星とかの項のそこかしこに「given mythological names」と書かれてますから、天体に名前付けるときにはそういうことなんでしょう。英語あんまし読めないので詳しく言及できませんw

はやぶさ2は、いまのところ飛行は順調のようで、無事に玉手箱を持ち帰ることを期待しましょう。

宇宙開発にはまさに天文学的コンピューティングパワーが必要だそうで

compute photo

宇宙だけに天文学的って、別に洒落じゃないんですが。
読んであまりのエクストリームっぷりにビックリして、テンション少し上がったので、勢いでご紹介。

地球シミュレータとか京とか、あんなスンゴイ機械を作るのって、ただ世界ランキング1位になりたいためだけにやってるのかと思ってました。

実用なんですね。

高木 現在、メインのマシンの処理能力は120テラフロップス(テラは1兆、フロップスは1秒間に浮動小数点数演算ができる回数)ですが、2015年4月には1ペタフロップス(ペタは1千兆)と約8倍の能力になり、更に16年4月には3ペタフロップスにアップします。

ペタからエクサ、ゼタ、そしてヨタヘ――宇宙開発が求める数値シミュレーション能力は、まさに天文学的!(前編) | Mugendai(無限大)| 新たな視点と最新の動向を提供するWebメディア

しかし、スーパーコンピュータの計算能力でも全然足りないと。どれくらい足りないかというと、あと京1000個くらいは必要だと。

しかし、まだまだ能力は足りません。(中略)

航空機分野で言えば、厳密な流体シミュレーションを行うためには現在の世界最高レベルのスーパーコンピューターでも、模型飛行機サイズの流体シミュレー ションがせいぜいです。実機の流体シミュレーションをしようと思うと、「京」の1000倍、つまり10エクサ(Exa:100京)フロップスの能力が必要 であり、いま「京」の次の「エクサ・プロジェクト」が国レベルで動き始めています。

ロケットなんていうエクストリームにもほどがある物体のシミュレーションですからねぇ。

といって感心してたら、本当はエクサでも全然足りんて。

宇宙ロケットの分野となると、流体に加えて化学反応である燃焼現象が加わるので、エクサでも厳密に解くことはできません。結局、エクサの1000倍のゼタ(Zetta)とか、更にその1000倍のヨタ(Yotta)に達しないと難しいのです。

ここまで高性能になったら、そのコンピュータは意思を持ち始めるのではないかと、ちょうど先日ポスト・ヒューマン誕生を読んだ私はワクワクするわけなのです。

早くもH-IIAロケット28号機の打ち上げが発表されました

H-IIA Rocket Lift Off

H-IIA Rocket Lift Offはやぶさ2の打ち上げからこっち、やたらペース速いですね。

JAXA | H-IIAロケット28号機の打上げについて

打上げ予定日: 平成27年3月26日(木)
打上げ予定時間帯: 10時00分~12時00分(日本標準時)
打上げ予備期間: 平成27年3月27日(金)~平成27年4月10日(金)
打上げ場所: 種子島宇宙センター 大型ロケット発射場

次も情報収集衛星だそうです。

ラピッドリリースの様相を呈していて、なんとなく不安を覚えますが、準備には気を引き締めて当たってください。

楽しみにしてます。がんばれ中の人!

話題のイプシロンロケット、本日打ち上げ

20121029214535

M-V 引退してから待ったわ。。。ようやく打ち上げですね。

打ち上げは、午後1時45分~2時半の予定です。

ライブ中継:イプシロンロケット/惑星分光観測衛星(SPRINT-A)特設サイト | ファン!ファン!JAXA!:

中継は1時25分から YouTube や Ustream とか ニコ生 ですよー。
休み取れなかった人は、職場のPCでこっそりみるべしw

イプシロンロケット – Google 検索

金星探査機「あかつき」、酸化剤を投棄

軌道 photo

起動制御用エンジンがぶっ壊れて金星周回軌道投入に失敗、不屈の精神で 2015 年以降の再チャレンジやる気まんまんの金星探査機「あかつき」ですが、ぶっ壊れた軌道制御用エンジンのためにあった酸化剤を捨てました。

JAXA|「あかつき」の現状と金星再会合に向けた軌道制御運用について:

詳しくはリンク先の PDF を読んで欲しいんですが、先日、軌道制御用エンジンを吹かしてみたら、どうやらエンジン本格的にぶっ壊れたみたいテヘ☆とのことで、これからはなんと姿勢制御用スラスタで金星再会合を目指すということです。

上記報告書4ページ目

酸化剤がいらないスラスタとか推進力どんだけ(汗)と不安になります。これは、はやぶさ行方不明事件後の「地球に帰るのには 3 年以上かかります」を聞いたときの「絶対ムリ!」感に似た気持ちなんですが(当時の投稿:はやぶさガンガレ!超がんがれ!はやぶさはまだ生きています!)、はやぶさのときみたいに今回も軌道計算屋さんを信じることにしましょうか!