音楽を聴いて鳥肌立つし、メタルでリラックスするし、私は音楽リスナーとしてはエリートなのかも。

relax photo

音楽を聴いて鳥肌が立つほどインパクトを感じたことってありますよね。
なんと、音楽を聴いて鳥肌が立つ人は脳の構造が特殊らしいという記事が話題になっています。

南カリフォルニア大学の研究により、「音楽を聴いて鳥肌が立つ」経験をできるのは人口のごく一部しかいないことが明らかになった。ほとんどの人の脳ではニューロンと「音楽による鳥肌」がリンクしていないため、この現象を体験できないという。

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果 – FNMNL (フェノメナル)

鳥肌が立つほどの曲に出会うのは本当に稀なんですけどね。よっぽど心に響いた曲、テレビから流れたとき思わず振り返ってしまう曲、脳内でヘビーローテーションするとはまた違うんですよね。

その曲がなんだったのか、記録してないので今となってはもうわからないのですが。

音楽を聴いて好みの曲調とか展開だったときに「いい曲だなぁ」と思うのは普通として、「いい曲だなぁ」の反応が鳥肌になるというのは、「いい曲だと思ったセンサー」と「鳥肌を立てるスイッチ」の結びつきが強いということらしいです。

しかも「いい曲だと思ったセンサー」と「鳥肌を立てるスイッチ」との間の結びつきだけでなく、感情回路自体のつながりが強いそうで。

Sachsによると、この連動は感情回路自体の強いつながりを示しており、このような強い感情の反応は音楽だけに限られたものではないともしている。一方、多くの神経繊維を持っていたとしても他の報酬(金銭など)では反応を見せるものの音楽に対しては反応が出ないケースもあるという。

同上

以前、メタルを聴いてリラックスする人は

IQ が高いという記事がありました。

イギリスで11-19歳までの10代の生徒、合計12万人を対象とした研究結果から学業が優秀な人がハードロックなどの過激な音楽を聞いた場合にはリラックス効果があるということが判明した。英ワーウィック大学心理学部のスチュワート・キャドワルダー氏が22日に行われた英国心理学会で論文発表を行った。

縁:ヘビィメタルなどの音楽にリラックス効果がある!? – livedoor Blog(ブログ)

私、IQ は絶対低いと思う(というか中学生のときに学校で受けた IQ テストの成績は高くなかった)んですけど、メタルを聴いたらリラックスするのは確かにあります。

こんなに感受性の高い脳の構造にしてくれた両親に感謝するばかりです。

シェアする!

フォローする!

ブログランキング参加中!
ブログランキング参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ