カテゴリー
音楽

メタリカ、自分が参加した公演のフルセットライヴ音源を無料でダウンロードできるように

set photo

メタリカがこの度開始した北米ツアーで、新たな試みを始めるとのことです。

ファンは自分が参加したコンサートのフルセット・ライヴ音源(MP3)を公式に無料ダウンロードできます。

メタリカ 北米ツアーで新たな試み ファンは自分が参加した公演のフルセットライヴ音源を無料でダウンロード – amass

これはうれしいサービスですよ。

ライブだから空気感を楽しみながらも、生身のメンバーや音を心に刻んでおこうという気迫で食いつくようにステージ見たり音聴いたりするのがあるので、後で音源をもらえるとなると、ライブの雰囲気を楽しむ余裕ができる気がします。

ヴァン・ヘイレンの 2013 年大阪公演行きましたけど、ライブ音源欲しいですもん。

YouTube 探したらあるのかな。

カテゴリー
音楽

メタリカのアルバム『Hardwired… To Self-Destruct』が、ビルボード初登場1位を達成したようです。

rock photo

前作『Death Magnetic』から 8 年ぶりにリリースされた、メタリカのアルバム『Hardwired… To Self-Destruct』が、ビルボードアルバムチャートで初登場 1 位に輝きました。

http://www.metalinjection.net/its-just-business/record-sales/metallicas-hardwired-is-1-best-selling-rock-album-in-2-12-years

Breaking news: Metallica’s new album, Hardwired… To Self-Destruct sold a lot of albums in the United States. The album sold sold 291,000 album-equivalent units, and according to Billboard, 282,000 of them where traditional album sales. Which is huge!

METALLICA’s Hardwired Is #1 – Best Selling Rock Album in 2 1/2 Years – Metal Injection

記事によると、初週の売り上げ枚数は 291,000 枚です。物理的なアルバムは 282,000 枚、残りの 9,000 枚はシングル販売枚数とストリーム再生数を、シングル 10 枚とストリーム 1500 回再生でそれぞれアルバム 1 枚分としてカウントした数だそうです。

ロックアルバムとしては Coldplay の『Ghost Story』以来、2 年半ぶりの快挙だそうですが、記事にこんな文言があって、こっちのほうが物議を醸しそうな気配です。

Coldplay is rock?
(コールドプレイはロックですか?)

私としては、

Coldplay にあまり興味がなく、ロックかロックじゃないかどうでもいいのですが、引用元サイトの Metal Injection サイドとしては、メタル以外はロックじゃねえ!といったメタルガチ勢の立場から出たコメントだと思われ、そのへんのメタルヘッズの精神構造をお察しして深入りはしない方が、心の健康のためにいいと思います。

メタリカは、スタジオアルバムとしては、かの有名なブラックアルバム(『Metallica』)以降、6 枚連続でビルボード 1 位に輝いているとのこと。わざわざ「スタジオアルバムとしては」としているのは、交響楽団とのセッションアルバム『S&M』が 2 位だったことなどから。

あの『St. Anger』が 1 位だったことが意外ですが、発売前に収録曲をチラ見せ(聴かせ)していた今回のようなプロモーションを仕掛けていたら、そうはなっていなかったのではないかと今更ながらヒヤヒヤします。

カテゴリー
音楽

メタリカが、フランスのテレビ番組で43分間ライブ演奏。

wired photo

8 年ぶりにアルバム『Hardwired…To Self-Destruct』をリリースしたメタリカが、フランスのテレビ番組に出演しパフォーマンスを披露したとのことです。

http://amass.jp/81162/

時間にしておよそ 43 分間のライブパフォーマンスです。『Creeping Death』で始まるあたり、掴みは完璧です。この曲が大好きな私はいきなりボルテージマックスで、昔からのメタリカファンは同様の反応を示すと思われます。

セットリストは以下のとおり。

0:00 Creeping Death
06:06 For Whom the Bell Tolls
11:14 Atlas, Rise!
18:10 Moth into Flame
23:59 One
31:55 Hardwired
35:59 Enter Sandman

Metallica – Live Canal+ [2016] – YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=VAjgga721eo

Spotify でも既にリリースされてて聴くことができます。下に Spotify のプレイヤーを埋め込んでみます。みなさん聴くことができますでしょうか。

ひととおり聴いてみた感想としては、前作『Death Magnetic』に引き続き原点回帰路線で、違和感なく受け入れることができました。驚きがないとも言えますが、道(Road)を踏み外してしまった『Load』とか、リスナーがあんぐりしてアングリーした『St. Anger』のように、明後日の方向に冒険して限りある活動期間を棒に振るリスクを考えると、これでいいのかも知れません。

メタリカはスラッシュメタルのアイコンとして、揺るぎなきスラッシュメタルのゼロ座標として、立ち位置を間違えずにメタリカ的高速ダウンピッキングメタルを量産してくれることを期待します。大事なのは量産です。リリースペース遅すぎです。

一方ヴァン・ヘイレンは、

近頃はエディがチャリティに力を入れていて、元気そうな姿を確認できて嬉しいものの、自分は生きる伝説であって世界中に自分のギターを聴きたいファンがいることをもう少し強く自覚してほしいという気持ちです正直なところ。新譜作ってくれんかなという気持ち、ていうか音楽活動してください。隠居するには早すぎます。

新しいアンプとかギターとか開発しているのを見ると、音楽に対する興味が無くなったわけではなさそうですが。

カテゴリー
音楽

メタリカが被ってるお面の、キン肉マンとパーマン以外のキャラがわからない。

mask photo

メタリカが、日本のお祭りに来ててお面を被ってる写真が話題になっているようです。

http://amass.jp/78313/

メタリカ(Metallica)が、日本のお祭り屋台で販売されたキン肉 マンやパーマンなどの“お面”を被った写真が話題に。1986年撮影。様々なビンテージ写真を紹介しているツイッター・アカウントhistory imageが紹介しています。同じ日に撮影したと思われる、お祭り屋台の前で撮影した写真もあり

メタリカがキン肉マンやパーマンなどの“お面”を被った写真が話題に – amass

てっきり今年とか最近の写真かと思ったら、若かりし頃っていうか、もう30年も前の写真でした。少しズッコケました。

しかし、この写真は今まで見たことがなかったので、なんか儲けた気持ちです。

cste3yuvmaasgfc-jpg-large

きっちりきれいにフレームに収まっていたりとか、真ん中の男の子が状況を理解できていなさそうなところとかが微笑ましい限りです。

お面を被っているので誰が誰だかわからないのですが、もう一つの写真を見たらわかります。

csteywcvyaauz8q-jpg-large

みなさんいい表情ですね。日本を楽しんでいるようで、見ているこっちが笑顔になります。よかったよかった。

でもまだモヤモヤは晴れません。なぜならお面のキャラクターが誰なのかわからないからです。

引用先の記事でも「キン肉マンやパーマン”など”」とキン肉マンとパーマン以外の2キャラクターについては言及しておらず、おそらくパッと見でキャラがわからなかったため、”など”で逃げたのだと思われます。音楽のサイトですから、そこはこだわるところではないですからね。

でもオタク気質の私などは、こういう細かいところが気になったりします。

ラーズ・ウルリッヒ(右下)のは、見るからに戦隊ものだとわかったので、「戦隊 1986」とかで検索したら電撃戦隊チェンジマンのチェンジグリフォンだと、比較的早く判明しました。

しかし、ジェイソン・ニューステッド(左上)のお面がわからない。ジェイソンの部分だけ切り取って、グーグル画像検索にかけてみたけど、わからない。

ジェイソン・ニューステッド部分の拡大
ジェイソン部分の拡大

↑ジェイソン部分を切り取って、↓グーグル画像検索にかけてみました。

グーグル画像検索
ジェイソン部分の画像でグーグル画像検索した結果

野球のキャッチャーのお面かなにかが出ました。まあ外れではないですね。

このキャラは誰なんだろうか。気になります。お祭りで売られているくらいですから、有名なキャラなんでしょうけど。

カテゴリー
音楽

ジェイソン・ニューステッドが、仲間になりたそうにこちらを見ているようです。

メタリカの元ベースである、ジェイソン・ニューステッドさんが、メタリカにラブコールを送っているようです。脱退して10年以上経つんですが、どうしたんでしょう。

Metallica May Collaborate With Jason Newsted ::Metallica News ::antiMusic.com

ウィキペディアによると、メタリカ脱退は全然後悔してないらしいんですけどね。いろんな活動しててもあんまし注目されなくて目立った成果がなく、脱退当初の目論見が外れたので復帰したいってことでしょうか。

ニューステッドは、メタリカ脱退を全く後悔していないとして、次のように述べている。「正直言って、10億%、メタリカ脱 退を後悔したことはない。脱退はみんなにとって正しい選択だった。仲間達にとって、絶対的に正しい選択だった。誰に対しても、メタリカに戻りたいとか、そ れに類することは、ただの一度も言っていない。心は決まっている。脱退は容易なことではなかったけれど、そうしなければならなかった。実際に引き金を引く 前に、随分と考え抜いたから、もう後ろは振り返らない。過去は過去だ」

ジェイソン・ニューステッド – Wikipedia

個人的には、トゥルージロよりジェイソンのほうがメタリカに合うと思います。ステージ映え的に。

あと、コーラスの声もかっこいいですし。ジェイソンのかっこいいコーラスといえば、私は『Fuel』のが好きですね。下の映像は、ライブビデオ『Cunning Stunts』の当楽曲の部分です。

トゥルージロの『Fuel』も聴いてみましょう。

どうでしょう。見栄え、声の張り、汗の輝き、キレ、コク、ツヤ、歯ごたえ、喉ごし、立ち上がり、処理速度、スタートダッシュ、スイングの速度、何を取ってもジェイソンが上ですね。

肝心の楽器の演奏はよくわからんですけど、メタルは見た目が大事なのです。怒ったような顔で汗ダラダラ流しながらマイクに噛みついてるジェイソンがかっこいいのです。

本当の初期からのメタリカファンは、クリフ・バートンこそがメタリカなんでしょうけどね。私は『ReLoad』から入ったというのもあって、ジェイソンに馴染みがあります。

記事タイトルは「コラボレーション」ですが、これを機にもっと近くなってもらえれば。

カテゴリー
音楽

メタリカ、8年ぶりのアルバムを11月にリリース。YouTubeでタイトルナンバーが聴けます。

magnet photo

我らがメタリカが、『Death Magnetic』以来8年ぶりのオリジナルアルバムを発売するとのニュースです。ヴァン・ヘイレンのファンサイトなのに「「我らが」メタリカ」とはどういうことやねん(自己ツッコミ)。

メタリカ、11月リリースの新作より“Hardwired”のライブ映像公開 (2016/08/22)| 洋楽 ニュース | RO69(アールオーロック) – ロッキング・オンの音楽情報サイト

2008年の『デス・マグネティック』以来、オリジナル・アルバムとしては実に8年ぶりとなる『Hardwired…To Self-Destruct』は2枚組で全12曲収録、トータル・タイムは80分という内容になっている。

わざわざ2枚組にする必要はあったのか疑問を感じずにはいられませんが、なにか事情があるのでしょう。あるのか?

『St.Anger』がひどい出来だったので、期待していなかった『Death Magnetic』が意外と良くて嬉しい誤算でビックリだったのも懐かしい思い出です。8年前の話です。間空きすぎ。

アルバムのタイトルは『Hardwired…To Self-Destruct』だそうです。タイトルナンバーがライブで披露されて、その模様が YouTube で公開されています。

まだ聴いてなくて、感想を言えません。あとで聴いてみたいと思います。

コメントをザーッと眺めると、ポジティブなのが多い印象で、概ね好評でしょうか。Slayer という単語がいくつか見られますけど、スレイヤーっぽい感じなんですかね。

わたしは新アルバムは Ride The Lightning みたいなの希望でーす。

(2016/08/23 21:50追記)

聴きました。『Death Magnetic』に入ってそうな曲でかっこいいです。退屈しません。新アルバムも『Death Magnetic』の、いわゆる原点回帰路線(という新路線)を行くということが確認できたと思いました。

秋に楽しみができました。よかったよかった。

で、その新曲が披露されたライブでの Creeping Death をお聴きください。19:30からです。

悪くないですね。いいですね。ていうか、メタリカのライブはテンション高くていいですね。そろそろ映像盤も出してくれんでしょうか。

しかしいまだにベースの名前が覚えられません。ジェイソン・ニューステッドから変わって10年くらい経ったと思うので、いい加減覚えるべきなんですが、新譜をリリースする間隔が長くて覚えられません。トゥルージロごめん(覚えとるやんけ)。