ヴァン・ヘイレンのデイヴにストーカーが現れて、サムバディゲットミーアどなたか。

calling photo

デイヴがブログで、ストーカー被害を訴えています。

Help! I have a stalker. A very real one.
75 stalker phone calls in the last 4 months.
All of them at 5:30-6:00 in the morning.
All 917 and 301 area codes.
Every now and then at 2 in the afternoon.
Never on the weekend.
The phone calls show up on my old phone but they don’t show up on the phone bill.

My Stalker… – David Lee Roth

ここ 4 か月で 75 回電話がかかっているそうです。平均すると、だいたい 1~2 日に一回くらいのペースですね。

全て朝の 5 時半から 6 時までの間にかかってくると。ときどき午後 2 時にかかってくる?
エリアコードは全て 917 か 301 です。
ケータイ画面には、自分の昔の電話番号が表示されますが、請求書には書かれてない。

エリアコードっていうのを調べてみると、917 がニューヨークで、301 がメリーランド州みたいですね。

https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_North_American_Numbering_Plan_area_codes

全盛期にはダイヤモンド・デイヴなどと呼ばれて、超人気だった人とは思えないうろたえ方です。当時は熱狂的なファンが大勢いて、ストーカーまがいの頭おかしいファンも、それなりにいたと思われますので、それなりの修羅場は経験してるはずなんですが、30 年経ったら免疫なくなるんでしょうか。

そもそも、頻繁に電話かけてきてると言っても、せいぜい 1 日 1 回程度です。メディアなどで見聞きするストーカーは、日に何度も、ひどい例だと 10 分ごとにかけてくるとかありますので、デイヴのケースはストーカーと呼んでいいのか検討が必要なレベルですらあると言えます。

その程度の頻度ですから、かけてくるのはかなり気が弱い人、もしくはデイヴに対して負い目がある人だと考えるのが普通です。朝に 1 回かけてみて、デイヴ出ないのでもう 1 回かけてみようか、でも何度もかけるとウザがられるからと悶々と悩んで一日を過ごし、次の朝に勇気を出してかけて、そしてまたデイヴ出ずに、、、という毎日を過ごしているのです。心に深い傷を負っています。

思い当たる人は、1 人しかいませんよね。

サミー・ヘイガーです。

Sammy Hagar Apologizes to Van Halen.

サミーは、以前はヴァン・ヘイレンに対しては喧嘩腰で、ヴァン・ヘイレンが新しい曲やアルバムをリリースする度に、ディスるコメントを出していました。しかし近頃になって、インタビューでヴァン・ヘイレンに対して謝ってみたり、エディにツイッターでメッセージ送ったりするなど、相当に歩み寄っており、和解を模索している様子がうかがえます。

http://blogs.yahoo.co.jp/erky_perky_fly/15137404.html

もう、サミーも御年 70 近いですから、そろそろ人生の後片付けを始めたのでしょうか。上の動画のサムネイル見ても、テキーラ飲みすぎの酒焼けにしか見えない顔の赤さで、そこいらのおじいちゃんみたいでかつてのオーラはないですね。丸くなりましたね。

そんなですからデイヴ、その電話出てみるといいですよ。きっと何かが前に進みますから。

記事の最初に「Stalker blog. Part 1.」ってあって、きっと Part 2 があることを考えると、実はこれは何か告知の前振りで、Part 2 でネタばらしという可能性もありえますけどねこれ。

サミー・ヘイガー、インタビューでヴァンヘイレンへ謝る気持ちを表明。

express photo

なにかとヴァン・ヘイレンに絡みたがる、未練たらたらツンデレレッドロッカーのサミー・ヘイガーが、またヴァン・ヘイレンについてなにか言っている模様です。

今度はなんやねん面倒くさいおっちゃんやなぁ、と思ったらなんと謝ってる様子。

悪く言ったことを謝るよって感じでしょうか。

“The whole Van Halen issue, I really put that behind me, and I’m proud of what we did. So I’ve decided, forgive and forget,” explains the Red Rocker. “I ain’t looking for nothing from nobody. I don’t wanna… I ain’t asking to be, you know… get back in the band and do all that again; that’s work! I don’t wanna do that. No, no, no. I just wanna be friends.”

He adds: “I wanna say I’m sorry of anything I said bad about you.”

今までの「いつでも戻ってやんよー(藁」なことばっかし言ってたサミーが、こういう余裕のないコメントをするということは、現在のデイヴ・ヘイレンのメンバーは人間関係盤石で、壊れる見込みはないということでしょうか。

仲良しが一番!

ファンとしては、現在のヴァン・ヘイレンの音はけっこう良いと思うので、イケイケムードでアルバム出したりライブやりまくって暴れて欲しい思いがあ る一方、エディとサミーが和解しちゃったら、もしデイヴとエディがケンカ別れしたときに第二期ヴァン・ヘイガーあるんじゃね?メロディアスなヴァン・ヘイ レンもう一回聴けるんじゃね?デイヴまた天狗になってエディとケンカしてみたらどうなるやろという、変な考えが出てきたりしますね。そんな非道いこと思い ませんか私だけですかそうですか。ていうかエディたち音楽活動しなさすぎ。

今一度、サミーの自伝を読んでみると見方が変わって面白いかもしれません。

サミー・ヘイガー、またヴァン・ヘイレンの悪口を言う

tongue photo
サミー・ヘイガーがローリング・ストーン誌のインタビューにて、またもやヴァン・ヘイレンを腐しています。なんかもう、定期的にやってきますねこの話題。

サミー・ヘイガー、「今ヴァン・ヘイレンに加入したら世界一の偽善者」と語る | NME Japan

「YouTubeで見たり、知り合いが送ってくれたりする映像からしか推測できないけどね。俺の友達はよく、『なあ、これ聴いてみてくれよ』とか言ってくるけど、実際聴いてみて、俺はこう言い返すんだ。『何言ってやがる。二度と聴かないよ』ってね。もう1度聴き返すことなんて、まずない。もちろん、そのなかにはライヴ・アルバムだってあったさ」

映像や音から察するに、相性が合ってないように見えるとのこと。デイヴはバンドとうまくいってないのではないかと。

ていうか、なんだかんだで、ヴァン・ヘイレンが気になるんですね。

サミー・ヘイガー「ヴァン・ヘイレン新アルバムはボツ曲集」

記事のソース元のローリングストーン誌が、この話はこれまでの新アルバムについての”モンスタースタイルドキュメント”より魅力的でないと言っていて、つまり眉唾だからマトモに受け取るなと私は読んだのですが、そういうことなんですかね。

New Van Halen Not Really New? ::Van Halen News ::antiMusic.com

サミー・ヘイガーいわく「新アルバムの曲は自分が加入する前のデイブ期に作った古いのなんだよね。」

日が経つにつれて、だんだん発言がムチャクチャになってきてます。これはもう「情報が錯綜しているこのアルバムの本当のところはどうなんだ」と世間に思わせて、新アルバムの注目度を上げて売り上げに貢献してやろうというサミーの優しさだということすれば、一連の意味不明発言も頼もしく思えてきました。

サミー・ヘイガーがヴァン・ヘイレンの新アルバムを楽しみにしているようです

この前「あんなのと一緒にやりたくない」と言ったばかりだと思うのですが、、、

Hagar Wants Van Halen To Make A Great Record ::Van Halen News ::antiMusic.com

レコード屋の行列の先頭に並んじゃいそうなくらい期待大☆ってことらしいです。ヴァン・ヘイレンは誠実なファンがたくさんいて幸せだと。

ギブソンが10大スーパーグループを選定、チキンフット入選。

スーパーグループの中にも知らないのがあって、私の知識の浅さを痛感しました。「ヴァンヘイレンヴァンヘイレンエディーエディー」ばかり言ってて、その他の方々をあまり知らないのでした。

Super Heavy: The 10 Greatest Supergroups

TOTO とか MR.BIG なんて目じゃない、当時大活躍の人気者たちが勢ぞろいした、まさにスーパーグループのトップ 10 です。

挙げられているバンドは以下の10組です。バンド名のリンクは Wikipedia のそれぞれの項。勉強しましょう。

Blind Faith
Asia
Traveling Wilburys
The Firm
The Highwaymen
Them Crooked Vultures
Chickenfoot
Crosby, Stills, Nash & Young
Bad Company
Cream

ウィキペディア見てびっくり、スゴイですねこのバンドたちは。
また CD 代がかさむことになりそうです。YouTube で試聴してからね。

サミー・ヘイガーがヴァン・ヘイレンのグラミーノミネートライブ出演報道についてコメント

わざわざコメントするってことは、やっぱりサミーも気になっているんですねー。

Sammy Hagar Comments on Van Halen Grammy Concert Reports ::Van Halen News ::antiMusic.com

何言ってるのかと思ったら、サミーとマイクはリユニオンヴァン・ヘイレンにはいないですよという、今までの報道を「ああ、そうなんだな」と確認できる内容で、特に目新しい情報はありません。

サミー「エディのコンディションが、おれと最後にあったときと同じ状態なら、同じ舞台に立ちたくないですけど。」
今回もツンデレ。基本的に悪口で情報としての価値はゼロです。

チキンフットは、けっこう私好みの 80 年代ゴキゲンロックをやってくれているんで、他人のことはほっといて今の調子でロックを量産して欲しいです。

サミー・ヘイガー「ヴァン・ヘイレンのライブはテープが大活躍」

新アルバム完成して喜んでいたらサミーがまた水を差してくれました。

Van Halen Using Backing Tapes In Concert? ::Van Halen News ::antiMusic.com:

前からよく噂になっている、マイケル・アンソニーはライブではテープ」を、なんとサミーがぶっちゃけてるっていう。。。

“Those vocal harmonies on the last tour were Mike on tape,” asserted Hagar.

“Mike should’ve reamed them for it. Wolfie don’t sing like that, and Ed sure as hell don’t. Go on the Internet and listen to Ed’s voice live from the reunion with me. Hear him sing on ‘When It’s Love’ and some of those songs. Ed can’t sing, and his voice is shot if he can, from cigarettes and booze anyway.”

「マイケルのハモるボーカルはテープだし、ウルフィーも。ネットとかで自分とのリユニオンライブの When It’s Love とか見てみればいいけど、 エディは声全然出てない。タバコと酒でやられちまってんだ」みたいな感じでしょうか。

デイブとは長続きしないでしょみたいなことも言ってるっぽいですね。
サミー未練タラタラじゃないですか。

Chickenfoot III
Chickenfoot III

posted with amazlet at 11.10.28
Chickenfoot
Ent. One Music (2011-09-27)
売り上げランキング: 2103

VH元メンバー参加の「チキンフット」アルバム全曲試聴可

リンク: SAMMY HAGAR、JOE SATRIANI、CHAD SMITH、MICHAEL ANTHONYからなるCHICKENFOOTのデビュー作の全曲試聴がスタート – bounce.com [ニュース].

サミー・ヘイガーとマイケル・アンソニーが参加するバンド「チキンフット」。
もうすぐアルバム発表だそうで、ちょこっと試聴できます。

元ヴァン・ヘイレンのヴォーカリスト、サミー・ヘイガーを中心に、ジョー・サトリアーニ(ギター)、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのチャド・スミス(ドラム)、元ヴァン・ヘイレンのマイケル・アンソニー(ベース)によって結成されたスーパー・グループ、チキンフット。

ドイツでは6月5日、英国では6月8日、米国では6月9日にリリースされる彼らのデビュー・アルバム『Chickenfoot』の全曲試聴が、スイスのオンライン・ショップ〈CeDe〉のオフィシャルサイトにてスタートした。

ここで視聴できます→ CeDe

聴きましたが、どうなんだろうコレ。試聴30秒じゃよく判らんのですが、第一印象はイマイチ。

私がミドルテンポあんまし好きじゃないからかな。