サミー・ヘイガー、インタビューでヴァンヘイレンへ謝る気持ちを表明。

express photo

なにかとヴァン・ヘイレンに絡みたがる、未練たらたらツンデレレッドロッカーのサミー・ヘイガーが、またヴァン・ヘイレンについてなにか言っている模様です。

今度はなんやねん面倒くさいおっちゃんやなぁ、と思ったらなんと謝ってる様子。

悪く言ったことを謝るよって感じでしょうか。

“The whole Van Halen issue, I really put that behind me, and I’m proud of what we did. So I’ve decided, forgive and forget,” explains the Red Rocker. “I ain’t looking for nothing from nobody. I don’t wanna… I ain’t asking to be, you know… get back in the band and do all that again; that’s work! I don’t wanna do that. No, no, no. I just wanna be friends.”

He adds: “I wanna say I’m sorry of anything I said bad about you.”

今までの「いつでも戻ってやんよー(藁」なことばっかし言ってたサミーが、こういう余裕のないコメントをするということは、現在のデイヴ・ヘイレンのメンバーは人間関係盤石で、壊れる見込みはないということでしょうか。

仲良しが一番!

ファンとしては、現在のヴァン・ヘイレンの音はけっこう良いと思うので、イケイケムードでアルバム出したりライブやりまくって暴れて欲しい思いがあ る一方、エディとサミーが和解しちゃったら、もしデイヴとエディがケンカ別れしたときに第二期ヴァン・ヘイガーあるんじゃね?メロディアスなヴァン・ヘイ レンもう一回聴けるんじゃね?デイヴまた天狗になってエディとケンカしてみたらどうなるやろという、変な考えが出てきたりしますね。そんな非道いこと思い ませんか私だけですかそうですか。ていうかエディたち音楽活動しなさすぎ。

今一度、サミーの自伝を読んでみると見方が変わって面白いかもしれません。

シェアする!

フォローする!

ブログランキング参加中!
ブログランキング参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ