「お前はミジンコ以下」が悪口ではなくなりました

fool photo

他人をバカするときに「単純な人」の代名詞的に使われる、熱帯魚の餌「ミジンコ」ですが(この言い方もヒドイですねw)、人間よりも遺伝子が多いことがわかったそうです。しかもなんと3割以上も。

ミジンコ遺伝子3万1千個、人間を大きくしのぐ : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

人間の遺伝子は約2万3000個に過ぎず、ミジンコの遺伝子はこれまでゲノム(全遺伝情報)が解読された動物の中で最多となる。研究チームは、甲殻類では初めてミジンコのゲノムを解析した。ゲノムのサイズは人間の7%程度にもかかわらず、たんぱく質を作り出す遺伝子はぎっしりと詰まっていた。

人間よりも多いのに人間よりも複雑でないのは、無駄が多いということなのでしょうか。
人間のほうがミジンコより複雑という考え方が傲慢なのかもしれませんけど。

[amazonjs asin=”4797350865″ locale=”JP” title=”生き物びっくり実験! ミジンコが教えてくれること 生物と生態系のふしぎを実験から学ぼう!! (サイエンス・アイ新書)”]

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください