カテゴリー
ヴァン・ヘイレン

【悲報】エディ、2か月ぶりのツイートは「車のカギ落とした」

drop photo

久しぶりにエディのツイートきたーと思ったら、なんだこれ。。。

失くして困ってる姿を写真に撮らせるくらいの余裕はあるようですw

ていうか、上下白ってなかなか勇気あるファッションですね。

これが勤労感謝の日に起こったということは示唆的です。

仕事しろってことだよエディ!アルバム作るとかツアーやるとかしてくれよ(懇願)

いやマジで。

カテゴリー
ヴァン・ヘイレン

エディの最新演奏動画がインスタで見られます!

george photo

62 歳の誕生日を迎えたばかりで、今年の活躍も期待のエディですが、アメリカのコメディアン「ジョージ・ロペス」のインスタグラムに登場して、演奏をほんの少し披露しています。短いムービーで必見です。

このジョージ・ロペスという人を私は知らないのですが、アメリカでは有名な方のようです。

ビデオがお笑い系で、エディの登場の仕方がファンキーでもあり、フォロワーが 79 万人もいて、相当な実力者なのだろうなと想像できます。

使用しているアンプヘッド EVH Lunchbox アンプヘッドはすごいいいね!という感じのムービークリップですね。

いやーこのロペスさんの

手の動きと出てる音がシンクロしてないから、なんなんだろうと思っていたんですよ。そしたら横からエディが登場してビックリ。

エディの笑顔が見られて何より何より。

この調子で音楽活動やってほしいですね!もうまじでお願いしますよ。

カテゴリー
ヴァン・ヘイレン

エディがフランケンシュタインや5150アンプなどの機材について語る最新インタビュー。

equipment photo

サミーがヴァン・ヘイレンに謝るインタビューが公開されたら、今度はエディのインタビュー記事が登場しました。

タイミングがタイミングですが、サミーとの関係がどうのという野暮な話ではなくて、もっと楽しい話題、ギターやアンプなど機材の話です。

New Eddie Van Halen Interview: Building the Frankenstein, honing the 5150 and EVH Gear

長いインタビューなので、私の拙い英語力では、とてもじゃないですが全部読める気がしませんが、導入部分がアツくて読む気にさせてくれます。

Every instrument has its pioneers – game-changing mavericks who push things forward – and if Jimi Hendrix kicked the electric guitar door down, Eddie Van Halen ran through it, picked up what was left, covered it in tape and built a stairway to the next level.

革新的な機材をリリースしまくって、エレキギターという楽器の可能性を広げ続けた、まさに偉人、生きる伝説、ギター界のインフレーション理論です。ジミ・ヘンドリックスがエレキギターのビッグバンです。

って、上の英文の翻訳じゃないですよ。でもまあそんな感じの賛辞です。

evh-gear-2016

あとで読んでみましょうかね。興味のあるジャンルの文章は、なじみのある単語がよく出ますので、それを手掛かりに前後の脈絡を補うことで、なんとなく内容が理解できた気になりますし。

誰か翻訳してくれないかな。インタビューの全文はこちらにあります。全12ページ。長い。でも各ページの写真がかっこいい。特に7ページ目のはいいですね。

Eddie Van Halen talks building the Frankenstein, honing the 5150 and EVH Gear | MusicRadar

やっぱりエディはかっこいいなあ。Wolfgang Special ほしいなー。

カテゴリー
ヴァン・ヘイレン

エディ自らの演奏による5150IIIS アンプ紹介ビデオ

radio-590361_1280

エディが 5150IIIS ヘッドの紹介ビデオの中で、自ら試奏してくれています。

Eddie Van Halen Demos the 5150IIIS (Video) | Van Halen News Desk.

 Eddie Van Halen is continuing to make it even easier for fans to at least come close to imitating his iconic riffs. In the new demo video above, the founder and legendary guitarist of Van Halen tests out the 5150IIIS amp head, which recently joined the EVH Gear family at Fender, by playing some of his most iconic riffs, from songs like “Hot for Teacher,” “Light Up The Sky,” “Dance the Night Away,” and more!

Hot For Teacher などの有名なリフを次々に披露していて、これがあれば誰でもエディの音が出せそうな気持ちにさせてくれます。最高のプロモーションですね。

もう年単位でギター弾いてませんけど、こういうビデオ見るとやりたくなってきますね。久しぶりにヴァン・ヘイレンのギター譜取り出してみようかしら。

5150III 100S Head は、各販売店、ネットショップで好評発売中。3,055ドル≒36万円($1=\120換算)ほどです。

https://vimeo.com/120203163

カテゴリー
ヴァン・ヘイレン

エディがジャムってる映像をウルフィーがアップ

hands-105455_1280

エディがスタジオっぽいところでジャムってる映像を、エディの息子ウルフィーが Instagram に投稿しています。

Eddie Jamming Today! | Van Halen News Desk.

Wolfgang Van Halen shares a 15-second video of Edward jamming today! (From Wolf’s Instagram).

A big thanks to Wolf! And Wolf, please feel free to share more clips like these! (And please consider getting a YouTube account, where you can post videos longer than 15 seconds!)

eddie jamming today

そして、この記事の執筆者曰く、もっとこんなのアップしてよ、あとYouTubeのアカウント取るの考えてよ、そしたら15秒以上のビデオをアップできるよ!

ウルフィーは今時の若者なので、ビデオ長回ししてYouTubeにアップするなんていう手の込んだことするのが単純にめんどくさいんだと思います。たぶん。

そうじゃないなら、YouTubeのアカウント取りなよウルフィー!

カテゴリー
ヴァン・ヘイレン

エディのフェラーリがeBayに出品され約500万円で落札される

hammer-611589_1280

最初に見た記事では、「誰も欲しくない(Nobody Wants It)」となっていましたが、結局無事に落札されたようです。

Eddie Van Halen’s 1990 Ferrari 348 Is on Sale But Nobody Wants It – autoevolution.

引用元の記事タイトルは、たぶん「Everybody Wants Some」と掛けただけだと思いますが、動静が気になるファンからすると、アメリカではジョークというか皮肉というかウィットというか、ひねった記事タイトルの付け方は普通なんでしょうが、これがいちいち気になりまして、エディはもう世間からはそんな扱いなのかと少し悲しい気持ちになりました。

実際のところどうなんだろうと、恐る恐る(半分楽しみに)無入札の現場の放置されっぷりを見物に行ってみたら、なんのことはない、見事にSOLDされてて拍子抜け安堵しました。

Ferrari 348 TS Targa Sport | eBay

Ferrari 348 TS Targa Sport - eBay 2015-02-20 11-39-15

よかったねエディ。

カテゴリー
ヴァン・ヘイレン

エディはアルバム作りたい、デイヴがどこにいるのか知らない

Photo by suc

エディが、アルバム制作に前向きな発言をしたと報じられています。

エドワード・ヴァン・ヘイレン「アルバムを作りたい」 | VAN HALEN | BARKS音楽ニュース.

米Pulse Of Radioによると、博物館でのトークに出演した彼はメディアからヴァン・ヘイレンのこの先の計画について問われ、こう答えたという。「スタジオ・アルバ ムを作りたいね。みんなのタイミングによるけど。デイヴ・リー・ロスがいま何をしているのかは知らない。NYに住んでるのか、日本なのか、どこにいるのか わからない」

家族でもないので、居場所をいちいち連絡しておく必要はないとはいえ、昔からのつきあいなんですから、近況報告くらいはしてもいいんじゃないかと思いました。

先日のデイヴ・グロールのバースデーライブでつるっぱげにしたことから察するに、いま現在は日本にいて、どこかのお寺で般若心経をシャウトしているのではないでしょうか。

次のアルバムに、「ギャーテーギャーテー」という歌詞が入ってたら間違いない。

カテゴリー
音楽

もし世界的に有名なギタリスト10人がダフト・パンクの「Get Lucky」をカヴァーしたら?

party-629240_1280

YouTubeには、いろんな人がロックの歴史を100のギターリフで振り返る動画みたいなのをアップされてて、いつも楽しませてもらってるんですが、また出ました。

もし世界的に有名なギタリスト10人がダフト・パンクの「Get Lucky」をカヴァーしたら? 映像が話題に – amass

登場するギタリスト10人はこんな感じです。

This video features the playing styles of:
Carlos Santana
Steve Vai
Kurt Cobain (Nirvana)
Angus Young (AC/DC)
Slash
Brian May (Queen)
Mark Knopfler (Dire Straits)
Joe Satriani
Eddie Van Halen

エディが入ってて、しかも最後に登場なのはうれしいのですが、三大ギタリストってもう死語なんだなぁと別の感慨がありますねぇ。

[youtube http://youtu.be/T_5sUcMpFXk&w=680]

あと、一応元ネタはこちら。

[youtube http://youtu.be/RSaTCcb2eXI&w=680]

カテゴリー
ヴァン・ヘイレン

エディ、ローリングストーン誌の表紙に登場

史上最も偉大なギタリスト特集号での表紙に若いエディが生き生きと。


Eddie Van Halen Graces Rolling Stone Cover As One of 100 Greatest Guitarists

ランキングは8位です。

カテゴリー
ヴァン・ヘイレン

ローリングストーン誌が100大ギタリスト発表、エディ8位

great photo
ローリングストーン誌が 100 グレイテストギタリストを発表しました。このランキングしょっちゅう見かける気がしますが、定期的に改訂とか更新とかされるようなものなのでしょうか。

ともあれ、今回エディが8位です。

100 Greatest Guitarists | Rolling Stone

ちなみにトップテンは以下のとおり。

  1. ジミ・ヘンドリックス
  2. エリック・クラプトン
  3. ジミー・ペイジ
  4. キース・リチャーズ
  5. ジェフ・ベック
  6. B.B.キング
  7. チャック・ベリー
    8. エディ・ヴァン・ヘイレン
  8. デュアン・オールマン
  9. ピート・タウンゼント

天才すぎて不動の地位の人とかスローハンドの人とか名曲いっぱい作る人とか不良の人とか指弾き超うまい人とか口から音出てる人とかマーティからゴージャニゴーのヒントもらった人とかキラ星すぎてよくわからない人とか腕グルグルの人とかいますけど、ピョンピョン飛ぶ人が8位です。

エディの項だけ引用します。

8 Eddie Van Halen
Mike McCready of Pearl Jam

When I was 11, I was at my guitar teacher’s place, and he put on “Eruption.” It sounded like it came from another planet. I was just learning basic chords, stuff like AC/DC and Deep Purple; “Eruption” really didn’t make sense to me, but it was glorious, like hearing Mozart for the first time.

Eddie is a master of riffs: “Unchained,” “Take Your Whiskey Home,” the beginning of “Ain’t Talking ‘Bout Love.” He gets sounds that aren’t necessarily guitar sounds – a lot of harmonics, textures that happen just because of how he picks. There’s a part in “Unchained” where it sounds like there’s another instrument in the riff.

A lot of it is in his hands: the way he holds his pick between his thumb and middle finger, which opens things up for his finger-tapping. (When I found out he played that way, I tried it myself, but it was too weird.) But underneath that, Eddie has soul. It’s like Hendrix – you can play the things he’s written, but there’s an X factor that you can’t get.

Eddie still has it. I saw Van Halen on their reunion tour two years ago, and the second he came out, I felt that same thing I did when I was a kid. When you see a master, you know it.

Key Tracks: “Eruption,” “Ain’t Talking ‘Bout Love,” “Hot for Teacher”