エディがフランケンシュタインや5150アンプなどの機材について語る最新インタビュー。

equipment photo

サミーがヴァン・ヘイレンに謝るインタビューが公開されたら、今度はエディのインタビュー記事が登場しました。

タイミングがタイミングですが、サミーとの関係がどうのという野暮な話ではなくて、もっと楽しい話題、ギターやアンプなど機材の話です。

New Eddie Van Halen Interview: Building the Frankenstein, honing the 5150 and EVH Gear

長いインタビューなので、私の拙い英語力では、とてもじゃないですが全部読める気がしませんが、導入部分がアツくて読む気にさせてくれます。

Every instrument has its pioneers – game-changing mavericks who push things forward – and if Jimi Hendrix kicked the electric guitar door down, Eddie Van Halen ran through it, picked up what was left, covered it in tape and built a stairway to the next level.

革新的な機材をリリースしまくって、エレキギターという楽器の可能性を広げ続けた、まさに偉人、生きる伝説、ギター界のインフレーション理論です。ジミ・ヘンドリックスがエレキギターのビッグバンです。

って、上の英文の翻訳じゃないですよ。でもまあそんな感じの賛辞です。

evh-gear-2016

あとで読んでみましょうかね。興味のあるジャンルの文章は、なじみのある単語がよく出ますので、それを手掛かりに前後の脈絡を補うことで、なんとなく内容が理解できた気になりますし。

誰か翻訳してくれないかな。インタビューの全文はこちらにあります。全12ページ。長い。でも各ページの写真がかっこいい。特に7ページ目のはいいですね。

Eddie Van Halen talks building the Frankenstein, honing the 5150 and EVH Gear | MusicRadar

やっぱりエディはかっこいいなあ。Wolfgang Special ほしいなー。

シェアする!

フォローする!

ブログランキング参加中!
ブログランキング参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ