総務省、「ブロードバンド・ゼロ地域 脱出計画」の指針案を公表

すばらしい計画です。
e-Japan構想で世界一通信料金が安くなった実績がありますからね。
この計画によって、端っこのほうの家にもブロードバンドが届くようになってほしいです。

実際、僕の住んでるところは、光はまだで、ADSLも一部の家庭しか利用できていません。
僕の家もギリギリ1.5Mが来てる状態です。ここより先の地区は、未だに56kbpsの世界を生きているのです。
ピーガーピーガーやってるのです。

1年半前までは、僕の家もそんな状況だったのですが、常時接続になってからはインターネットの使い方が変わりましたもん。
以前は、電話料金が刻々とかかっているというのを想像しながら、あわただしく必要な情報をザッと読むだけの使い方でしたからね。それが、興味の赴くままにつれづれなるままに、クリックしてますもんね。

インターネットは常時接続でその真価を発揮するんですよね。
常時接続になって、僕が使う中で一番大きなものはネットラジオです。
音楽が好きで、英語の勉強もしてるので、まさにネットラジオ様々です。
BBCとかNPRとかのラジオを、とりあえず垂れ流しでかけてて英語に慣れることができるし、AccuRadioとかでCD持ってない曲を聴けたりするのが、すごく嬉しいです。

国民全員がインターネットを当たり前のように使いこなす日が来ると、日本はすごい国になってると思います。
この計画はバシバシ推進してほしいです。