宇宙ステーションに工具データ送信→3Dプリンタで出力に成功

c345ede46a062c03a71f1b6434edd1d8

ある意味テレポーテーションですよねこれ。

宇宙ステーションで足りない工具を地上からデータ送信し3Dプリンター経由で送り込むことにNASAが成功 – GIGAZINE

宇宙ステーションで必要になった工具を3Dプリンターで作成するという、超有意義な使い方をNASAはやっているとのこと。

出力に必要なデータは地上から送信し、これは今回が初だそうです。

ある日のこと、NASAは国際宇宙ステーション(通称:ISS)の艦長であるBarry Wilmore氏が「作業にラチェット式ソケットレンチが必要だな」と話しているのを無線機越しに聞き、地球からISSにソケットレンチを送り届けることになりますが、わざわざロケットで送るには膨大な時間と資金が必要なので、地球からソケットレンチの出力データをISSに送り、宇宙空間でソケットレンチを出力してもらう計画をたてました。

3Dプリンタの登場は、産業に大きなインパクトだという話はよく聞いていたし、多くの事例を見てもいたわけですが、今回の使い方には非常にに驚くと同時に、完璧に正しい使い方だと超納得して、NASAスゲーと思った次第です。

いやはや本当にNASAスゲー。

シェアする!

フォローする!

ブログランキング参加中!
ブログランキング参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ