耳掛け式イヤホンは楽ですね KOSS KSC75 を買いました

生活の記録

今回のアイキャッチ画像は、Bing Image Creatorによる「KOSSのヘッドホンで音楽を楽しそうに聴いている猫。広大な緑の草原。」です。たぶんこれ聴こえてないですけどね。

ヘッドホンは、いつもはオーディオテクニカの ATH-M40x を使っていてお気に入りです。でもヘッドホン着けてると外の音が聞こえないんですよね。きちんと密閉してあって製品としては正しく機能をはたしているということなんですけど、Spotify とか Netflix で軽く楽しむために聴くときには外の音が聞こえません。あと圧迫感がややストレスですね。

オーディオインターフェース Audient iD24 にはヘッドホン端子が2つ付いているので、オープンエア型のヘッドホンも接続しておいたら、がっつり音を聴く用とリスニング用で使い分けられるなあと思いました。

耳掛け式のイヤホンだったら、圧迫感ないからちょうどいいかと思って探していると、サウンドハウスでレビュー60件もついているものを発見しました。 KOSS KSC75 です。

KOSS ( コス ) >KSC75|サウンドハウス
チタンコートのハイポリマーダイヤフラムの採用で周波数特性15-25000Hz、感度101dBを実現。これは人気のPORTA PROと同等。ネオジウムアイアンボロンマグネットと無酸素銅のボイスコイルが豊かな歪のない低音を再生。また新設計のスポ...

音が良い > 断線しやすい、ダサい

サウンドハウスのレビューをまとめると、①音は3,000円程度の製品とは思えないほど繊細でパワフル②ケーブルが細くて貧弱で1~2年で断線する③見た目はダサい ということでした。

ケーブル切れやすくて見た目はダサいけど音は素晴らしいと。断線してもまた同じ製品をかいたくなるほど音質は素晴らしいらしいのがすごく気になりました。

KOSS というメーカーを知らなかったのですが、アメリカのメーカーで、なかなかの老舗らしいです。

コス (企業) – Wikipedia

日本ではあのティアックが代理店を務めています。ティアックが代理店なら間違いないだろうと、サウンドハウスのレビューとティアックを信じて購入しました。

本当に音が良くてわろた

音はすごくいいですね。

モニターヘッドホンであって味付けなしの ATH-M40x と比べたら、一言でいうと「カラフル」です。これまでは夜などスピーカーから音を出せない場合は、ATH-M40x で聴いていたのですが、細かいところまで見えるのですが、決して楽しいリスニング体験ではありませんでした。それに対してKOSSは低音がしっかり出ますね。楽しくリスニングする用途としてはこっちのほうがいいと思いました。聴いてて楽しいですね。

同じ曲を再生しながら ATH-M40x と KOSS を付け替えて聴こえ方を比べてみました。気を付けて細かい音を拾えるのは ATH-M40x、リラックスして音楽として楽しめるのは KOSS といったところでしょうか。モニターヘッドホンとリスニングイヤホンの組み合わせは最高かもしれません。ヘッドホン端子が2つ付いてる iD24 は最高ですね。

断線対策

まだ上手く耳にかけることができなくて手間取りますが、これは使っていくうちに慣れていくらしい。

それよりも大きな課題はケーブルの線の細さですね。みなさんが言及するのに心から納得なケーブルのチャチさ。

アマゾンにあるレビューを参考に対策を施しました。件のレビューの方はマスキングテープを使っているようでしたが、私は手近にあってマスキングテープよりも強度があるアセテート粘着テープを使いました。

テープを巻くのは左右のイヤホンと胸元で分岐している部分の全3か所です。

分岐しているところのはあまり補強になってないような気がしてきたので、さらにテープ巻くかもしれません。

まとめ

これでモニター用とリスニング用のヘッドホンがそろって、さらに QOL が上がりましたとさ。

あと、ケーブルがちょっと短いので、延長ケーブルを付けたほうがいいかも知りません。

https://amzn.to/3UTePaL

(2024年2月28日 追記)

ケーブルが短くてオーディオインターフェースからギリギリです。急に立ち上がったり振り返ったりすると、ただでさえ貧弱なケーブルが断線してしまう危険性が高まってしまいます。そこで延長ケーブル買いました。

https://amzn.to/3uOQ5FY

1.5mは長すぎるので、カールコード化するDIYを施して使い勝手が良くなりました。下記サイトがわかりやすかったです。感謝。

Groovy Clutch: USBカールコードを製作した (groovy-clutch.blogspot.com)

(2024年3月8日 追記)

耳にかけるのにだいぶ慣れてきました。コツは耳に引っ掛ける部分とイヤホン本体との間が一番広い部分を耳の上から入れてくるっと回す。説明が難しいですが、10回くらいやるとなんとなくコツがつかめてきます。装着が難しそうだから購入に二の足を踏んでいる方には、杞憂です、張り切って購入してくださいと言いたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました