宇宙戦隊キュウレンジャーの主題歌がアツくてかっこいい件

baseball photo

最近ネット環境がいろいろありまして、ブログがなかなか書けずにストレスが溜まっております。

さて、我が子が 3 歳くらいの頃から、毎週日曜日はスーパー戦隊を見るために7 時半に起床している私です。トッキュウジャーあたりから見だして、ニンニンジャー、ジュウオウジャーとかなり高めの出席率できちんと起きてリアルタイムで見てきました。ちなみに我が家には録画機器はありません。

スーパー戦隊に共通するのが、主題歌が異様にカッコイイことですね。トッキュウジャーのなんて、かっこよすぎて私のカラオケの十八番です。

ニンニンジャーもジュウオウジャーもそれなりにかっこよくて、カラオケでも歌ったりしていまして、他の人が恋ダンスなんてやってる次にこんなの入れて一人で勝手に盛り上がっているわけですが、ここにきて、この 2 月から始まった『宇宙戦隊キュウレンジャー』の主題歌が超カッコよくて、私の中で話題になっています。

YouTube にはまだ TV サイズのものしかないですね。CD は 3 月 15 日発売予定ということで、早くフルで聴きたいです。ゲオで出るまで待てずに、久しぶりに CD 買ってしまうかもしれません。

ドラマもスピード感があって画面を見ているだけでも楽しく、子供と一緒に私も普通にワクワクしながら視聴しています。特に第 1 話は急展開の連続というか訳が分からない展開というかハチャメチャというか、とにかく勢いがもの凄く、チビッ子はもとより隣で見ていた親御さん達すら置いてけぼりくらったのではないかと心配になるくらいのド派手バトルでした。しし座流星群とか。結果的には、ラッキー(主役)の性格が能天気だというのがわかって、作品のカラーが強烈に印象付けられましたし、大成功の初回ではないかと思います。

しかし実は私、

初めてキュウレンジャーの情報が出たときは心配しました、ヒーローが 9 人もいることに。子供が 9 人も覚えられるのか不安で。いままでのほぼ倍ですからね。

ただでさえ名前を覚えるのが大変そうなのに、キャラが多すぎたら、各キャラの性格のコントラストが薄くなって、覚えにくさに拍車をかけてしまうのではないかという心配もありました。画面に 9 人もゾロゾロいたら、ゴチャゴチャして誰が誰やらわからなくなったり、「えーとこれ誰だっけ?」と考えながらテレビ見ないといけなくなるとか。

この心配に対しては、人間キャラ 5 人と着ぐるみキャラ 4 人として見た目をハッキリと分けて、9 人を 5 人+ 4 人にすることで解決を図っています。見分けが付きやすいですし、着ぐるみ勢は動きに制限があることで半ばオブジェや背景のように見えるので、細かい動きをする生身の人だらけで画面がうるさい感じになることを避けることができています。

開始から 1 か月見た印象としては、主役「ラッキー」の軽いノリと、ほどよく賑やかな雰囲気で、毎回お祭りのようなワイワイした楽しさがありますね。

宇宙戦隊キュウレンジャー、名作の予感がしますぞ。毎週楽しみにしたいと思います。

シェアする!

フォローする!

ブログランキング参加中!
ブログランキング参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ