非正規版から Windows 10 にアップグレードしても非正規版に変わりなし

pirate-ship-527364_1280

Windows 10 は非正規版からもアップグレードできるというニュースがありましたが、アップグレードしても非正規版が正規版になることはないようです。

「Windows 10」、非正規版からアップグレードしても非正規版に変わりなし – CNET Japan.

 Microsoftが「Genuine Windows」ページで 状況を説明しているように、使用しているWindowsが正規版ではないことを警告するメッセージが頻繁に表示されるようになる。デスクトップは真っ黒に なる。その状態をリセットすることはできるが、Windowsをアクティベートするまで、画面が真っ黒になることが続く。緊急のセキュリティアップデート は取得できるが、オプションのアップデートや「Microsoft Security Essentials」などのソフトウェアは取得できない可能性がある。しかしそれ以外では、Windowsやアプリケーションは正常に機能する。

M$などと揶揄されるマイクロソフトですから、非正規版にもアップグレード提供するなんて大盤振る舞い、絶対タダでそんなことやるはずがない、一体どんなトラップを仕掛けているのかと期待していたのですが、今までどおりの「微妙に嫌がらせ」作戦のようで、結構穏便な措置ですね。

インパクトあることやっちゃって Chrome OS などに逃げられたらたまらんということでしょうか。かつての帝国時代の強権は使えなくなってます。

Edgadget でも言及されてますが、非正規版には他にどんな制約をつけるのか注目です。これまで以上の微妙なさじ加減の嫌がらせを期待したいです。
私としては、スタートボタンとスタートメニューの機能が Windows 8.1 相当になっていて(パソコンを起動するとスタート画面が立ち上がり、スタートボタンはスタート画面起動と右クリックによる頻繁に使う機能のショートカットメニュー表示)しかも変更不可という、Windows 10 の目玉機能が使えないくらいでいいのではないかという感じです。

Windows 10の場合、非正規品のまま使い続けた場合の制約や「注意喚起」がどんな内容になるかはいまだ不明です(例:新スタートメニューが毎日広くなり最後は全画面スタートスクリーンに戻ってしまう、起動するたびにタイルのサイズと位置がランダムにシャッフルされるetc)。

シェアする!

フォローする!

ブログランキング参加中!
ブログランキング参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ