Mozilla Thunderbirdにカレンダー機能が統合されるそうです

スケジュール管理を、グーグルカレンダーから紙の手帳に変えようと思って先日能率手帳を買ったばかりなのに、このような機能が登場するというニュースを見てしまうと、またもやグーグルカレンダーに戻ってしまいそうです。
リンク: Mozilla新組織「Mozilla Messaging」のCEOが語るThunderbirdの未来 – builder by ZDNet Japan.

新会社の最高経営責任者(CEO)に就任したDavid Ascher氏によると、次期メールクライアント「Mozilla Thunderbird 3.0」では、検索機能を拡充するとともに、カレンダー拡張機能「Lightning」を正式に統合するという。正式版は2008年末までのリリースを予定しているが、新ソフトウェアのテストを希望する人に対しては、間もなくアルファ版をリリースするとのことだ。

メモ帳とデジカメを携帯することに成功し、どこでもメモの快感に目覚めたので、今度はどこでもスケジュール確認をしたくなったのです。
今はグーグルカレンダー使ってるんですけどね。誰とも予定の供覧などしていないので、オンラインのカレンダーの恩恵をあまり受けていないふうなのですね。それよりも、予定表を見たいときに見られないというデメリットのほうが勝っている気がしてきたのです。
手帳は以前からいくつか物色してはいるのです。システム手帳、ほぼ日手帳、「超」整理手帳、そのへんに売ってある手帳。。。
迷って迷いまくった挙句結論さっぱり出らんので、とりあえずスタンダードであると思われる能率手帳(小型版)にしました。
まだグーグルカレンダーと併用しつつ、徐々に移行する予定。
しかし、完全に紙にせずに「併用」するのがいいのかも知れない。
迷います。

シェアする!

フォローする!

ブログランキング参加中!
ブログランキング参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ