マイクロソフトは恐ろしく狡猾

リンク: マイクロソフトの技術情報公開は“抵抗勢力”作りの方策か:東葛人的視点:ITpro.
今回の技術情報公開は、これに依存する企業を増やしてネットへの移行を遅らせ、マイクロソフト自身がネット企業になるまでの時間稼ぎをさせようという作戦ではないか、という見方です。

さて、そんな未来が見える中で、マイクロソフトが技術情報をITベンダーに広く公開したわけだ。想像するに、今のマイクロソフトは、この技術情報を活用した競合他社の素晴らしいアプリケーションを切望しているはずだ。Officeなどと連携するアプリケーションが増えれば増えるほど、OfficeやWindowsの“レガシー価値”が増す。それはちょうど、ユーザー企業のExcelマクロ資産と同じ理屈だ。
マイクロソフト自身も随分前から、現在進行形のパラダイムシフトに気付いている。だから、その戦略が正しいかどうかは別にして、ネット事業に血眼になり、ヤフーの買収に全力を傾けている。マイクロソフトとしては、できるだけ時間を稼ぎ、自社に有利な状況に持ち込みたいはずだ。そのためには、これまで激しく対立した競合他社とも手を組む必要性が出てきたわけだ。

裁判に負けたからしぶしぶ公開していると思ったのですが、これを逆手に取っているとしたら。。。マイクロソフト恐るべし!

シェアする!

フォローする!

ブログランキング参加中!
ブログランキング参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ