サミー・ヘイガー「ガンズのマネージャーしてやるよ」

”I could manage GNR” って「おれがガンズマネージしてやるよ」って意味ですよね?違う?
私の訳し方が間違ってたらごめんなさい。

‘I could manage Guns N’ Roses,’ says former Van Halen man | Music | guardian.co.uk:

It’s About Time を聴いた時のやっとヴァン・ヘイレンが再始動してくれるこれからが楽しみワクワクしていたあのときの気持ちが懐かしい次第です。電撃的に加入して曲をリリースしてライブして電撃的に脱退しやがりましたので、恨めしい気持ちでいっぱいなのですが、今度はガンズに首を突っ込みかけているようです。バンドがライブに遅刻しても繋ぎは任せろということw?その前説のギャラはしっかり取りそうです。

ガンズファンはどんな気持ちなんでしょうか。ていうかサミー自身チキンフットやってるじゃないですか。趣味の延長かもしれませんけど、なかなか悪くないんで、80 年代ロック好きのために長続きしてもらいたいものです。

そしてまたまたヴァン・ヘイレンにも言及していますね。

「1年半以上もレコード作ってるけど延期延期よね。」
「ウルフィーとデイヴ、エディは世界が見たいヴァン・ヘイレンじゃないよ。自分が去ってからバンドは良い判断をできてない。」
「AC/DCのマルコムとアンガスにマネージしてもらうといいよ」

はー、仲がよくて安定して新作出すバンドが羨ましいですわい。。。

ていうか、アレックスが空気だ。

シェアする!

フォローする!

ブログランキング参加中!
ブログランキング参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ