ローリングストーン誌読者が選ぶヴァン・ヘイレンの10曲

ロックリテラシーが相当高いローリングストーン誌の読者が、ヴァン・ヘイレンのフェイバリットソングを選定してくれました。

Rolling Stone Readers Select Ten Favorite Van Halen Songs Pictures | Rolling Stone

10位: Dreams

Dreams はPVがスゴイですよね。ファンの人達が殺到して大騒動になっているやつでしたよね。YouTube 探したけど見つけきれませんでした。。。

9位: Right Now

サミーならではのシリアス路線。私はヴァン・ヘイレンにシリアスを求めてないので、この曲はちょっと苦手なんですけどね。

8位: Eruption

Eruption は8位なんですね。ロック通を自認する人たちはこれ選びそうなのでトップ3くらいに入るかと思ってました。

7位: Mean Street

Eruption 8位が以外でしたが、Mean Street の7位も以外ですね。イントロはビックリしました。メロディーとして聴いてもカッコイイですもんね。私も好きです。

6位: Runnin’ With the Devil

記念すべきデビューアルバムの記念すべき1曲目。私もギターでよく弾きました。簡単ですもんね。

5位: Jump

ロック通の方々です。Jump は1位にはなりません。意外な曲が登場しそうな上位が楽しみです。

4位:Ain’t Talkin’ ‘bout Love

和名「叶わぬ賭け」。去年あたりにエルグランドのCMで使われていました。解説「この曲はサミーがライブでやるのを厭わなかったデイブ期の曲」だそうです。

3位: Hot For Teacher

まいっちんぐなPVが印象的ですが、解説でもやはりPVの話題に終始してます。アルバム1984の中でも Girl Gone Bad と同じくらいヴァン・ヘイレンらしい曲ですよね。私は Girl Gone Bad 大好き。

girl gone bad van halen – YouTube

2位: Panama

これまた エディが宙吊りになっているPVが脳裏に焼き付いています。ギターで弾いたら、なんだこれ他の曲とあんまし変わらんじゃないかと驚いて、弾いてみるまで単純さがわからなかったのはエディの力量なのかねなかなかやるねと感心した思い出が。

1位: Unchained

Panama弾いてて他の曲と同じだと思った曲がこの曲なのでした。しかし「Jump やHot For Teacherみたいに全然有名じゃないけど、ファン投票ではよく見る曲(解説)」と言われるだけあって、ヴァン・ヘイレンらしいイエーイな曲なんですよね。

***

結構意外なランキングでした。やっぱり通の方々ですね。なかなかひねっておられます。

私だったら、Without You をランクインさせるかもしれません。あのアウトロ最高ですもの。。。

without you van halen – YouTube

Diver Down からランクインさせて欲しかったともちょっと思いました。突貫工事から来るライブ感はなかなかです。

hang em high van halen – YouTube

で、ベスト盤には10曲中何曲入っているのかなーと見てみると、なんと全部入っててワロタw
なんか宣伝みたいになってしもうてビックリ(汗)

The Best of Both Worlds (Digi-Pak)
Van Halen
Rhino / Wea (2004-07-20)
売り上げランキング: 40704

ベスト盤もちろんいいんですけど、Dreams みたいないかにもな名曲よりもヴァン・ヘイレンらしいアメリカンイエーイなロックを聴いてほしいので、私は Diver Down と 1984 と OU812 をオススメします。

Amazon.co.jp: バン・ヘイレン: アルバム、ディスコグラフィー、バイオグラフィー、写真

シェアする!

フォローする!

ブログランキング参加中!
ブログランキング参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ