ヴァン・ヘイレンの”A Different Kind Of Truth”、アマゾンからようやく届きました

予約するのが遅かったからか、アマゾンからようやく到着しました。まだ 5 曲目までくらいしか聴いてませんw

「China Town」 が、えらいテンション高くてビックリです。メタルです。というかこの序盤聞いただけでも、なんか迫力がすごいんですけど。はじけちゃってます。初老のバンドが出す音じゃないですよこれ。

正直「TATTOO」聴いたときは、かの「It’s About Time」のような、やっつけ仕事かなーと思ったんですが、こりゃ嬉しい誤算というやつです。バリバリのロックをやってくれちゃってます。集金ツアーやって終了というのはないんじゃないかなーと。このメンバーで力尽きるまで作品発表しまくってほしい。これまでの14 年分これからたくさんリリースしてほしい。

まだ少ししか聞いてないのに、このアルバムについていろいろ語ってしまいそうです。それくらい、期待をはるかに上回る音なんです。(あくまでも前半を聴いた感想ですw)

これからじっくり聴きこむことにします。時間が無いので細切れですけど。

ノスタルジーじゃなくて現在の最新のヴァン・ヘイレンの評価をしたいです。興奮して「デイヴが帰ってきた!」とか言いたくなりますけど、その一言で片付けられないものが、このアルバムにはあるような気がします。

難しいこと抜きで、これは楽しいアルバムです。

Different Kind of Truth
Different Kind of Truth

posted with amazlet at 12.02.16
Van Halen
Interscope Records (2012-02-07)
売り上げランキング: 72

シェアする!

フォローする!

ブログランキング参加中!
ブログランキング参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ