XSR700 のヘッドライトをLED にしました

hd wallpaper, bulb, flame バイク

ネオレトロ(ネオクラシック)というカテゴリーであるXSR700は、現代的な装備は「ネオ」となり、伝統的な部分は「レトロ」扱いとなると捉えると、新しいものでも古いものでも取り入れられて合わせるものの幅が広いと言え、そう考えたらとても懐の深い便利なジャンルですね。

今回、ヘッドライトのバルブをLEDに取り替えました。

参考にしたのは下記のページです。

LEDバルブ交換(ヤマハ XSR700)by つくし猫 - みんカラ
ヤマハ XSR700|LEDバルブ交換|工程1:LEDバルブを交換してみました。実は1年前にも純正バルブをLED化しているのですが、急に点かなくなってしまったんですよね。 今回選んだのは2千円ちょいと安価ながら2年保証を謳う中華製LEDバル...

装着したのはこちら。スフィアライトというメーカーです。私はクルマやバイク用品のメーカーをよく知らないのですが、Webike さんが取り扱っている商品にわけのわからない中華製品やいいかげんなモノはないだろうと信頼して、H4タイプの中から値段だけで決めました。

さて取り付けです。

ヘッドライトの左右のネジを4ミリの六角レンチで外します。すると黒い部分から先が取れます。

バルブと本体を繋いでいるコネクターを引っ張って外します。カプラのようにツメなどで引っかかっているわけではなく、家庭のコンセントからプラグを抜くイメージで素直に引っ張るだけです。(写真は撮り忘れました)

コネクター周辺を覆っている防水ゴムを外します。(これまた写真撮り忘れです)

バルブを固定しているクリップを外します。金属製の部品の溝に針金を引っ掛けてあるので、押しながらずらす格好です。クリップが外れるとバルブが自由になります。

もともと付いていたバルブを取って新しいものを装着します。

バルブの出っ張りと土台の切り欠きを合わせないと装着できないので、上下などを気にする余地はありません。

クリップを元に戻して固定します。クリップがかかる部分はもともと入っていたものより若干厚みがあって、外すときより力を入れる必要があります。

あとは、防水ゴム、コネクター差し込み、六角レンチで取り付けとやれば作業終了です。

ビフォー

アフター

点灯テスト

夜間に少し走ってみました。光が強くなって色がこれまでのオレンジから白に変わって、明るく見やすくなりました。ライトが現代的な「ネオ」になりました。ライト交換は簡単でコスパの良いプチカスタムですね。満足です。

野暮ったいウインカーを変えたいなあ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました