エディ・ヴァン・ヘイレン曰く「音楽のない世界など想像できない」

hall photo

「ギターを再発明した」「生きる伝説」エディ・ヴァン・ヘイレンですが、ここ数年来、学校へ楽器を寄付する活動など、いわゆるチャリティに力を入れています。この活動について本人が CNN のインタビューで発言しています。

Rock & Roll Hall of Famer Eddie Van Halen credits music with keeping him out of trouble — and he asks an important question: “Could you imagine a world without music?”

“It’s a must,” Van Halen told CNN’s John Vause during an interview Tuesday. “It has to be taught.”

Eddie Van Halen Helps Bring Music Back to Schools (New CNN Interview)

インタビュー映像はこちら。直近の動くエディです。

The Rock & Roll Hall of Famer credits music with keeping him off the streets and he wants to give students the same opportunity.

エディは紛れもない天才だと思いますが、

そのスーパーな才能も楽器を手にできたからこそ開花できたのだという感慨があるんでしょうね。子供たちが人生の可能性を少しでも広げられるように、世の中に恩返ししようとする姿勢は、伝説の男にふさわしいメンタリティです。ギフテッドな人が世の中にギフトしてるという、自分の立場をわきまえた本当に大したものです。本当はもっとワガママな人間のハズなのですが。サミーと喧嘩したりマイキー追い出したり。どこかで気持ちに変化があったのでしょうかね。

記事の全文訳はこちら(グーグル翻訳の力を借りました)

学校が予算を減らさなければならない時代には、音楽のような重要でない教科が一番にその対象になります。 NAMM の財団がまとめた調査によると、楽器を弾く子供たちは、そうでない子供より良い成績を収め、IQ が高くなり、後に薬物やアルコール乱用の可能性が低くなることが分かりました。

ヴァン・ヘイレンは6歳の時にピアノを学び、4 年生の兄であるアレックスと最初のバンドを結成し、ローリング・ストーン誌の史上最も偉大なギタリストランキングの 8 位にランクされてるまでになりました。

「私の人生は音楽だった」とVauseに語りました。 “私は他のことを想像することができませんでした。”

「高校を卒業したとき、みんなの卒業アルバムにメッセージを書いていると、みんなが僕に尋ねた。「大学はどんなところに行こうとしているの?」」「なあアル、僕たちは知っていることにこだわるほうがいいと思う」

“それは与え続けてくれる贈り物”

ヴァン・ヘイレンは、音楽が生きることと家賃を支払うことに役立ったと語りました。

彼は今、他の子供たちが自分と同じようなチャンスを持つことを確実にしたい。

数年前、彼は彼の個人的なコレクションから 75 本のギターを、非営利団体 Mr. Holland の Opus Foundation を通じて公立学校の子供たちに贈りました。

団体の社長兼CEOのフェリス・マンシーニ氏は、「これは贈り続ける贈り物だ」と CNN に語りました。 「子供たちはギターを共有し、学び、卒業し、そして楽器は学校に残ります」

Mr. Holland の Opus Foundation は毎年 1800 の楽器を低所得の学校に提供し、1万人以上の子供たちに音楽教育を提供しています。

「私たちの目標は、子供たちが成功する可能性があるすべてのツールを子供に与えることです。音楽は共通の分母です」とマンシーニ氏は言います。 「あなたは音楽クラスに子供を入れ、コミュニティ、コミュニケーションを構築し、場所を見つける。安全な避難所だ」

屋根裏部屋にある古いバイオリンやサクソフォン、さらにはヴァン・ヘイレンのようなギターの神たちからの寄付によって可能になりました。

“音楽は必然です。それは人々の魂に触れている」とCNNに語った。「音楽は私にとって普遍的な言葉です。それはすべてを超えている。」

同上

シェアする!

フォローする!

ブログランキング参加中!
ブログランキング参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ