史上最大のロケットに搭載予定のエンジンの燃焼試験映像

combustion photo

NASAによる、次世代ロケットに使われるエンジンの燃焼試験の映像です。

http://www.space.com/33807-nasa-tests-mars-megarocket-engine.html

すごい迫力。白煙の量が尋常じゃないですね。轟音注意です。

このロケットエンジンは RS-25 という名前で、スペースシャトルのオービターに使われたものの改良版(再使用を考慮しないいわば簡易版)です。これを4基と固体ブースター2基を搭載した次世代ロケットが SLS(Space Launch System) で、次世代の主力ロケットとして、ただの打ち上げだけでなく、火星程度までの深宇宙も視野に入れたものとして開発がすすめられているということです。スペースシャトルが STS(Space Transportation System) ですから、SLS と STS で覚えやすいですね。

スペース・ローンチ・システム - Wikipedia スペース・ローンチ・システム(英語: Space Launch System, SLS)とは、NASAにより開発中の、アメリカ合衆国のスペースシャトルから派生した大型打ち上げロケットである。これは取り消されたコンステレーション計画に続くもので、また退役したスペースシャトルを代替するものである。
 ja.wikipedia.org

Art_of_SLS_launch

無駄が多くて失敗だったとの評価もある(私が思っているだけかもしれませんが、どう考えても失敗だと思う。アメリカの宇宙開発を長く停滞させた罪は大きい)スペースシャトルですが、ロケットエンジンなどは悪くなかったのでしょう、30年ほど運用して実績のあるスペースシャトルの技術を使うことで、開発コストを下げて安全性を高めるという、非常に現実的なロケットですね。ソユーズを見習ってくれて本当にありがとうございました。

アメリカの有人宇宙探査には期待してますから、このロケットには期待してます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください