カテゴリー
ゲーム

バトルフィールドVのオープンベータをダウンロードしてみました

shooting photo

レインボーシックスシージとかバトルフィールド 4 とか 1 とかフォートナイトとか、めっきり FPS が大好きになってしまっている管理人ですが、この度、今秋発売予定のバトルフィールド V のオープンベータが公開されましたので、ダウンロードしてログインしてみました。

オープンベータ・プリロード開始
9月3日、太平洋夏時間午前1時(日本時間午後5時)

オープンベータ先行アクセス開始
9月4日、太平洋夏時間午前1時(日本時間午後5時)

オープンベータ一般公開
9月6日、太平洋夏時間午前1時(日本時間午後5時)

オープンベータ終了 
9月11日、太平洋夏時間午前7時(日本時間午後11時)

「Battlefield V」オープンベータの詳細

私はすでに先行予約してますから、

今日の夕方 5 時からプレイできることになります。

すでにプリロード(予めゲームをダウンロードしておくこと)してインストールできているので、試しに起動してみました。

タイトル画面からメニュー画面までは進めました。当然まだプレイはできません。

音楽がBF1 みたいなオーケストラでかっこいいですね。

一通り録画してみました。後年には神曲と呼ばれるようになるのではと思われる良い曲もあったりして(20:50あたりから始まる曲)、胸が高鳴ります。

今作は、BF1 の出来が酷かったせいもあって、予約数はイマイチのようですが、発売されてみて内容がよければ、プレイする人が増えると思います。どうか今回のオープンベータで BF5 が盛り上がりますように。

BF5 が面白くなかったら、いよいよバトルフィールド終わってしまいますから。BF の替わりを虎視眈々と狙って開発されている『World War 3』というタイトルもありますし。

さて、もうすぐベータ版ができますね。楽しみです。

カテゴリー
時事

任天堂がポケモンGOヒットの機に乗じておっさんホイホイを発表したようです

old photo photo

スーファミカラーの3DSといい、任天堂はおっさん(40歳前後)の財布から抜き取ることに関しては天才的な才能を発揮しますね。

任天堂の新ハードは手乗りファミコン、マリオなど30本入りの『NES Classic Edition』を60ドルで11月発売 – Engadget Japanese

ラインナップがなかなかスゴイのですが、発売から長い時間が経っており作品の評価は定まっているので、収録作品のセレクトはさほど難しくなかったと思われます。

・Balloon Fight
・BUBBLE BOBBLE
・Castlevania
・Castlevania II: Simon’s Quest
・Donkey Kong
・Donkey Kong Jr.
・DOUBLE DRAGON II: THE REVENGE
・Dr. Mario
・Excitebike
・FINAL FANTASY
・Galaga
・GHOSTS‘N GOBLINS
・GRADIUS
・Ice Climber
・Kid Icarus
・Kirby’s Adventure
・Mario Bros.
・Metroid NINJA GAIDEN
・PAC-MAN
・Punch-Out!! Featuring Mr. Dream
・StarTropics
・SUPER C
・Super Mario Bros.
・Super Mario Bros. 2
・Super Mario Bros. 3
・Tecmo Bowl
・The Legend of Zelda
・Zelda II: The Adventure of Link

Nintendo Entertainment System: NES Classic Edition – Official Site

こういうベスト盤的なものは、収録する作品を何にするのがベストだったのかという「最強ののベスト」議論が展開されて、第2弾第3弾が発売されるまでが伝統みたいなものですので、この『NES CE』もシリーズ化してくださると、おっさんはホイホイつかまります。

私としては、「新人類」が希望です。

カテゴリー
時事

3DS、発売半年で40% OFF

半年間どんだけボッタクってたんだっていう。。。

任天堂、「3DS」を1万円値下げ 8月11日から1万5千円に – SankeiBiz(サンケイビズ)

25,000 円で買った人は怒るでしょうなあ。。。
「3D だ立体だ新時代の映像体験だ 25,000 円は妥当!いやーすごいマシン買ったわ」と思ってたら、実は 15,000 円でも利益出るくらいチャチかったと。

 「ニンテンドー3DS」は2月26日に日本で発売。ただ、直後に発生した東日本大震災で携帯型ゲーム機市場が失速したこともあって、販売不振が続いていた。

発売時からあんまし勢いなかったような。
カテゴリー
時事

NGP 改め PSV

PlayStation®Vita | プレイステーション® オフィシャルサイト

「25,000円だったらすごいよね即予約だよねありえないけど」と皆が心配していた NGP の価格が、正式名称と共に発表されましたね。PlayStation Vita(ヴィータ) 24,980円(Wi-Fiモデル)で登場です。

革新的な遊びを実現する次世代携帯型エンタテインメントシステム
名称を「PlayStation®Vita」に決定
希望小売価格
Wi-Fiモデル: 24,980円(税込)/249USドル/249ユーロ
3G/Wi-Fiモデル: 29,980円(税込)/299USドル/299ユーロ
~新しいゲーム体験とネットワークの活用によるコミュニケーションの拡がりにより、
これまでにないインタラクティブなエンタテインメントを実現~

3G モデル欲しいですけど、料金プランがどうなるのかが心配です。ゲームのために毎月何千円も払うのは無理ですぞ。将来スマートフォン使うようになったら、ただでさえ通信費かさむようになるのに。ソニエリのスマートフォン買ったら PSV の通信費はタダにしてくれんかな。

現実的には Wi-Fi モデルかなと。

カテゴリー
時事

パナソニック、「Jungle」開発中止を発表

ひっそりと発表されてひっそりと中止となりました。

パナソニック、携帯ゲーム機「Jungle」開発を中止 – ITmedia News / パナソニックの携帯ゲーム機 The Jungle 開発中止 – Engadget Japanese

「パナソニックは市場および戦略の方向性の変化により、さらなる開発を中止にすることにした」と同社は声明文で述べている。

市場の変化といっても、DSとPSPの後継機が近々発表されることや、スマートフォンがゲーム端末としても盛り上がってくることは、「Jungle」の発表時点で誰もが予想していたことです。

さらなる開発の中止もなにも、開発は CG 作ったことだけだと思われるので、会社的にはぜんぜん痛くないでしょう。

おそらく、とりあえず開発を発表することで皆の注目と期待を集めて他機種を牽制するはずが、誰からも相手にしてもらえず見事なまでに完全スルーされてしまったので、勝ち目ゼロとの判断を下したのだと予想。

まあ無難な決断ですね。そもそも開発を発表したのもどうかと思いますが。

カテゴリー
時事

次世代PSP「NGP(仮)」発表、CPU も GPU も 4 コア

「PSP2」としてウワサがウワサを呼んでいた次世代PSPが遂に発表されました。

形状は、スライド式の予想画像(上記画像)などが多数出回っていたのを全て裏切ってくれて、現在の PSP そっくりの形で落ち着きました。

次世代携帯型エンタテインメントシステムを発表~究極のポータブルエンタテインメント体験を提供し、携帯ゲーム機市場の更なる拡大を目指す~ | プレイステーション® オフィシャルサイト

CPU も GPU も 4 コアとか、背面タッチパネルとか、デュアルアナログスティックとか、Wi-fi のみならずケータイ網でも通信できるとか、ワクワクしすぎです。

心配なのは、価格と”NGP専用カード”。驚愕の性能ではありますが、3DS の 25,000 円をあまり超えない程度の金額、できれば 27,800 円くらいじゃないと売れないでしょう、ていうか欲しくても買えない。PS3 の反省がありますから、3万円を超えることはないでしょう。

あと忘れちゃいけない通信費。通信契約とかめんどくさいので、ソニー全負担(と見せかけてダウンロードコンテンツの価格に上乗せ。形を変えた従量制)が一番すっきりしていいかもしれませんね。

”NGP専用カード”って、また新規格かよと萎えます。が、UMD-Video みたいに世の中に広めようとせずに NGPゲーム専用に限定すれば安心です。

メモリースティックや SD カードのスロットは付けないのでしょうか。PSPのような汎用メディアプレーヤーとしての使い方はナシで、今回はセキュリティを優先させるということかな。他のメディアを使うのかな。

と、家で「NGPスゲースゲー」とNGPのハイスペックを力いっぱい解説していたら、妻が一言「”NG”というのがなんとも言えんね」。なんと縁起の悪いことを言うのだ、妻よ。

カテゴリー
時事

プレイステーション16周年

1994年12月3日は初代プレイステーションの発売日なんですが、完璧に忘れないですねこの日付は。
当時の衝撃やワクワクを未だに覚えているということでしょうか。
リッジレーサー面白かったなあ。
ちなみに、私のファミコン購入記念日は、小学5年生の1月7日で、同時購入ソフトはスーパーマリオとドラクエでした。
この日付も一生忘れません。

PlayStation 3(160GB) チャコール・ブラック(CECH-2500A)
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2010-07-29)
売り上げランキング: 55
カテゴリー
時事

ニンテンドー3DS 発表。第一印象は「高い」。

26,000円です。高くて驚きです。任天堂そうとう強気です。

速報:ニンテンドー3DS は2万5000円、2月26日発売

強化されたすれ違い通信などは面白そうですけど、なにしろ高い。
裕福な人か、趣味がゲームの人しか買えないでしょう。脳トレとか流行る余地がなさそう。

任天堂のゲーム機がおもちゃではなくて高級品になってしまいました。
任天堂のイメージも悪くなりそうですが大丈夫でしょうか。

カテゴリー
雑記

GRADIUS ARC -銀翼の伝説- グラディウス・アーク

グラディウスの新作キターと思ったら、ケータイでしかもシミュレーションRPG…orz

GRADIUS ARC -銀翼の伝説- グラディウス・アーク

様々なパーツを組み合わせて、
自分だけのビックバイパーを作ろう! 

 なにこれ。。。

カテゴリー
時事

次世代DSは裸眼で3D。任天堂さんはわかってらっしゃる

メガネかけないと見れない3Dテレビなんて売れないと言ってたら、任天堂が「次世代DSは裸眼で3D」と発表。
普及させようと考えたら当たり前の判断です。

裸眼3Dができないうちは、3Dテレビは発売するべきではありません。
映画館は非日常ですから、メガネかけて映画見ることも楽しみの一つになるのです。

3Dテレビは絶対コケる。

以下、記事からの引用です(見やすいように加工済み)が、この「Nintendo3DS」、買い換えたくなる機能満載です。

  •  3次元的な操作ができるスティックや、画面上のキャラクターの攻撃や衝突の動きをプレーヤーに振動で伝える
  • 従来のDSシリーズのソフトでも引き続き遊べる。 
  • 通信速度や電池の持続時間も大幅に向上させる 
  • ゲーム機本体を傾けてゲームを操作できるよう加速度センサーの搭載も検討中 
  • 画面サイズは昨年11月に国内で発売した「DSiLL」の4.2インチより小さい4イ ンチ以下になる見込み。

バーチャルボーイの夢よ再び。

米アップルの「iPhone(アイフォーン)」やソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の「プレイステーション・ポータブル (PSP)」が音楽、映像、通信などマルチメディア端末/async/async.do/ae=P_LK_ILTERM;g=96958A90889DE2E6E3EBEAE6E7E2E3E5E2E1E0E2E3E29BE0E2E2E2E2;dv=pc;sv=NXと しての多機能化を強めている。
これに対し、任天堂はゲーム機能の充実にこだわることで独自性を訴える。

特化したほうが絶対面白い。「なんでもできて便利」より「単純で突き抜けてる」ほうが売れると思います。