「月に願いを」もう一度 応募少なく、締め切り延長

小惑星探査機「はやぶさ」で話題になった、「メッセージを探査機に乗せるキャンペーン」ですが、今回は反応鈍いようです。

 宇宙航空研究開発機構がこの夏、探査衛星「セレーネ」を月に送るのを機に、一般からのメッセージも一緒に届けようと始めた「月に願いを!」キャンペーンが盛り上がっていない。同機構は急きょ、締め切りを2月末まで1カ月延長、応募を呼び掛けている。

 宇宙機構は2003年に打ち上げた小惑星探査機「はやぶさ」でも、応募した人の名前をボールに刻んで小惑星イトカワに届けており、「今回はその際
の約88万件を上回りたい」としていた。だが目標には遠く及ばず、昨年12月の募集開始からこれまでに集まったのは約5万件だけ。

(編集者コメント:応募が少ないのは募集期間が短いのと、月が願いを込める対象ではないことが原因と思われる。また応募のプロセスが結構複雑であった。)

まだ、5 万件はいかにも少ないですね。
まだしてない方がいらっしゃったら、ぜひどうぞ!

=> セレーネ「月に願いを!」キャンペーン |JAXA

リンク: 2007-01-26 「月に願いを」もう一度 応募少なく、締め切り延長.

タグ:

シェアする!

フォローする!

ブログランキング参加中!
ブログランキング参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ