また「お産で障害→病院側に損害賠償支払い命令」

money photo

リンク: asahi.com:子宮破裂お産時に障害 病院側に7300万円支払い命令 – 社会.

またまた「産科崩壊」です。

 過去に帝王切開した妊婦が自然分娩(ぶんべん)するのは危険性があるのに十分な監視を怠り、子どもに重度の障害を負わせたとして、福島市内の夫婦が福島県立医科大学付属病院(福島市)に1億円の損害賠償を求めた裁判の判決が20日、福島地裁であった。病院側の過失を認め、同大に約7300万円の支払いを命じた。

帝王切開したことある人が、次に自然分娩することを「VBAC(ブイバック)」というそうですが、これ、そうとう危険なことみたいです。

帝王切開をした人が次に経膣分娩をすることを帝王切開後の経膣出産VBAC(=Vaginal Birth After Cesarean の略ブイバック)と言います。

最近 VBACに挑戦したいけれど・・という相談が増えています。
出産は挑戦するものじゃないです。

挑戦したら成功することもあるけれど、失敗することもあることをもう一度考えてください。

確かに気持ちはわかるんですよね。でも失敗したら大変みたいですからね。悩むでしょうね。

しかし、この失敗したときの大変さが尋常じゃない。決断する覚悟はハンパじゃないでしょう。

ある産科医様(総合病院)より現場からの現実

★過去に帝王切開を経験されている妊婦さんの場合、そうでない妊婦さんと比べて、
子宮破裂の危険性が二十倍以上高くなります。

私が勤務した病院で過去に経験した子宮破裂例でも、ほぼ全例で、胎児死亡または児に重症の後遺症を残しましたし、子宮全摘、大量輸血したにもかかわらず、母体死亡に至った例もあり、すべて非常に悲惨な状況でした。
母児ともに無事で済んだ例は1例もありません。

これほどのリスクがあるのにあえて決行したVBAC。これが「あえて」ではなくて、危険性がよくわからなかった、つまり医者の説明が足りなかったのかと思ったら、なんとこの原告、元看護師。

 同病院は、厚生労働省から特定機能病院の認可を受け、福島県では中核的な施設。美江さんも5年間看護師として勤務していた。美江さんは「未風は短い時間だったが、生きた証しを残してくれた。医療の従事者には責任の重さを再認識してもらいたい」と話した。

元看護師が何言ってるんでしょうか。虫唾が走る。気持ち悪い。

シェアする!

フォローする!

ブログランキング参加中!
ブログランキング参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ