剣道 – 小手面のコツ

小学生に剣道を教えているんですが、小手面を教えるの難しいです。
たいてい、竹刀をがっちり握って、腕のチカラで上下に振ります。
これを注意するのに「いっつもガッチリ持って打つんじゃなくて、普通はゆっくり持つ感じにしとって、打つ瞬間に手をしめるようにする」と説明していました。

今日は、自分の調子がよくて、指導にも熱が入りました。
そういういい精神状態で説明した言葉なんですが。
「はじめはパーするくらいチカラ抜いてて、打つときにグー!グー!するとよ。」
「小手をグー!して打った後は、竹刀は面を打つところまで上がっとるやろ、そのままグー!して面を打てばいいとよ。」
そう説明して打たせてみると、なかなか鋭い小手面を打ちます。
どうやら、解ってくれたみたいです。
スパーンといい音がするので、本人達も打ったときに爽快みたい。

ちょっと壁超えてくれたか。でも、次のときには忘れとるだろうなぁ・・・。