スラッシュドット ジャパン|究極の目覚まし時計は究極の個人工場から

リンク: スラッシュドット ジャパン | 究極の目覚まし時計は究極の個人工場から.

しかしそこまで起きれない人がいるもんなんでしょうか。
以下引用。

最初にスヌーズ・ボタンが押された後に自ら床に落ちて逃げ出す」、かくれんぼう型の目覚まし時計(中略)

床に落下して転がる際に自身を守るクッション代わりとなる毛足の長いじゅうたん素材で本体が覆われているため、なかなか奇妙な姿をしています。また、内部
にはコンピューターチップが組み込まれていて、どれだけ遠くに転がるかがランダムに決定されるため、落下した時の向きとの組み合わせで毎朝違う場所に転
がってゆき、人間が起きあがって探し出さない限りベルが止められないようになっている(後略)

引用終わり。
わし、昔から、朝になると勝手に目が覚めてしまうもんですから、目覚まし時計という道具と全く無縁でして、ここまでする神経が理解できないのですが、起きれない人は本当に起きられないんでしょうね。なんか、目覚ましに対するすごい執着を感じます。
これに、ジリリリリリとかじゃなくて「こっちだよー、悔しかったら起きてみろバーカ!」とかしゃべる機能もついてたりしたらナイスですね。最悪の目覚めだろうけど(笑)

シェアする!

フォローする!

ブログランキング参加中!
ブログランキング参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ