読書の「技」化

近頃、本を読むスピードがまた上がってきた気がしまして。

もとから一字一句いちいち読んでいたわけじゃないんですが、例えなどの枝葉部分をザッと流すことが自然にできるようになってきました。

大筋を読みその他で補強するというか、大事だと思える箇所がよく理解できないときにフォーカスを絞るというか。

これが、斉藤孝さんの言う「読書を「技」化する」ということでしょうか。

シェアする!

フォローする!

ブログランキング参加中!
ブログランキング参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ