影響力のあるブロガーは、こまやかな神経の人が多いようです

リンク: 影響力のあるブロガーの特徴は? ニフティなどが調査 – ITmedia News.

ブログのアクセス数を増やそうとがんばっていますが、一番効果があるのは「記事の読みやすさ」と「定期的な更新」だそうです。当たり前すぎ。

1日100ページビュー以上あるブログを「アクセス数の多いブログ」と定義。

わたしのブログは1日30ページビューなのでアクセス数の少ないブログ。

アクセス数の多いブロガーは、そうでないブロガーと比べて、「記事の
読みやすさに気を配っている
」(アクセスの多いブロガー:一般ブロガー=86.3%:75.1%)、「定期的な更新を心がけている」(78.6%:
57.1%)、「話題性のある内容を取り上げるよう心がけている」(59.0%:36.3%)、「読み手にとって価値のある情報を取り上げることを意識し
ている
」(53.0%:29.8%)、「ブログを通じて人の役に立ちたいという思いがある」(41.9%:26.9%)と答えた割合が多かった。

1日最低一つ記事を書くことを目標にしているのですが、なかなかできないんですよね。
最近は毎日更新することができていますが、これは、このあいだちょっと考え方を変えたためで、内容よりも更新頻度を優先するようにしたのです。時間かけて長文書いても、時間をかけた分だけよい内容になるとは限らないということに気づいたのですね。まずは量をこなすことが大事です。

記事を書く際の情報源としては、アクセス数にかかわらず「自分が体験したことや自分の感想を書く」と答えたブロガーが最多。他人のブログや、
Webサイト、テレビやラジオなどメディアで見聞きしたことを取り上げると答えた割合は、アクセス数の多いブロガーの方が、そうでないブロガーより多かっ
た。

私は後者ですね。ニュースに意見を言う記事が多いと思います。ネット世論の形成のためにブログ書くというのもありますから。持論を開陳する場あまり日記のようには使ってない。
私はどうやら、人気のあるブログを書く素質はあるようです。100ページビュー/日を超える希望を捨てずに、毎日コツコツ記事をアップしていきます。

シェアする!

フォローする!

ブログランキング参加中!
ブログランキング参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ