韓国、国境なき記者団の「監視対象国」に挙げられる

リンク: 国境なき記者団、「インターネットの敵」を発表 – ITmedia News.
嫌韓の記事ではありません。
知人が、勉強のために韓国に渡ったのです。
反日だったり犯罪率高かったり国民性がアレだったり、いくら隣の国で近いとはいえ、ひじょーーーに心配なんですね。
ここんとこ北朝鮮関係でも、衛星(?)打ち上げ問題や米韓軍事演習などで、きな臭くなってきていて、心配のタネですね。いくら心配してもしすぎることはないと思ってます。
世の中をまだあまり知らないから、日本にいるような感覚でノホホンと生活しているのだろうなと思うと、またまた心配です。。。
なんだか胃が痛くなってくるのですが、さらに心配なニュースが。
韓国が、国境なき記者団の監視対象国に挙げられたということです。

またRSFは、乱用につながる可能性のあるネット対策を取っている国を「監視対象」として挙げている。
特にオーストラリアと韓国は最近、オンラインでの表現の自由を脅かしかねない対策を導入したと同団体は述べている。オーストラリアはISPにフィルタリングを義務付ける法案を検討しており、韓国では先日、Lehman Brothers破たんとウォン暴落を予測したブロガーが逮捕されている。

ブロガーが逮捕って、、、経済の記事を書いただけで逮捕なら、政治的なこと、例えば政府の政策を批判する記事なんて書いた日にゃ、どうなるんでしょうか。怖いです。言論の自由はないのでしょうか。
なんだかんだ言っても、北朝鮮と同じ民族なのですから、敵視はしなくてもいいにしても注意はしておいたほうがいいのでしょうね。
この時期に韓国に行くのは危険だったかな。。。

シェアする!

フォローする!

ブログランキング参加中!
ブログランキング参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ