ボイジャー1号が、太陽風の風速ゼロ地点を通過

そこでは一体どんな景色が見えているのでしょうか。

ボイジャー1号、太陽風の行き止まり点を通過

末端衝撃波面とか太陽圏とかヘリオシースとかヘリオポーズとかバウショックとか、宇宙好きが泣いて喜んでこれらの言葉だけでご飯三杯くらいいけそうな用語がずらずら並ぶ領域に、今ボイジャー1号はいるのですなあ。

宇宙開発の50年 スプートニクからはやぶさまで (朝日選書 828)
武部 俊一
朝日新聞社
売り上げランキング: 156620

頑張っているボイジャー1号ですけど、ボイジャー2号とかスピリットとかオポチュニティもがんばってます。時々は思い出してあげましょう。

ローバー、火星を駆ける―僕らがスピリットとオポチュニティに託した夢
スティーヴ スクワイヤーズ
早川書房
売り上げランキング: 138456

シェアする!

フォローする!

ブログランキング参加中!
ブログランキング参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

  1. 名無しヘイレン より:

    なんのこっちゃ・・・。