【読んだ】超ヤバい経済学

二匹目のドジョウですが、前作に負けず劣らず視点がすばらしいです。おすすめ。

扱っている話題はこんな感じです。

ゾウとサメ、どっちが怖い?
酔っ払って歩くのと酔っ払い運転、どっちが危険?
ポン引きと不動産屋さん、どっちが偉い?
お医者さんはちゃんと手を洗ってるの?
サッカー選手になるには何月に生まれると有利?
臓器移植問題は思いやりで解決する?
カンガルーを食べれば地球は救われる?
性別を変えたらお給料は上がるの?
テロリストを捕まえるにはどうするのが一番?
どうすれば長生きできる?
テレビの驚くべき作用と副作用って?

この後に、地球温暖化を食い止める方法についての話題があって、これが一番面白かった。以前にフィリピンのピナツボ火山が噴火したとき、地球を取り囲んだ火山灰のおかげで一時的に地球の気温が下がったそうで、これを人工的に再現しようという試みです。

コストも少なくて済むし、「みんなで節約しよう」よりは効果があると。

スティーヴン・D・レヴィット,スティーヴン・J・ダブナー
東洋経済新報社
発売日:2010-09-23

シェアする!

フォローする!

ブログランキング参加中!
ブログランキング参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ