エディ・ヴァン・ヘイレンのグラミー賞トリビュートのアイデアは、ヴォルフガングにとって正しいとは思えなかった

グラミー賞でのエディトリビュートイベントへの出演を断った件について、ウルフィーがローリングストーン誌に語っているようです。

はっきりとは言ってませんが「なんかモヤモヤする」って感じですかね。

エディ・ヴァン・ヘイレンの息子ウォルフガングは、グラミー賞から今年のプログラムで亡き父へのトリビュートとして「Eruption」を演奏してほしいという要請があったが、彼にとってはしっくりこなかったと語っています。

ウォルフガングは以前、第63回グラミー賞の番組内で父の代表曲であるギターソロ(「Eruption」)を演奏するようにレコーディング・アカデミーから依頼されたことを明らかにしていましたが、その依頼を断っていました。

彼はその決断について、ローリングストーン誌に語っています。彼は、「なんだかトンチンカンなお願いのように思えたんだ。正しいとは思えませんでした。どうせなら、やってしまえばいいのに』と思う人もいると思います。

“そして、彼らはそれに対する感情的な思い入れについては考えていなかったと思います。そして、それが正しいことではなく、私が納得できないことであるという事実だけです。 “

私は常に父を擁護し、父の遺志を地の果てまで伝えるためにここにいます。私は少し偏見を持っていますが、3人のギタリストがこの楽器の歴史に与えた影響については議論の余地がないと思います。それは、レス・ポール、ジミ・ヘンドリックス、そして私の父です。だからこそ、このようなことが起こると、彼はもう少し時間をかけてもいいのではないかと思うのです。

“Eddie Van Halen’s son Wolfgang says that the Grammy Award’s request to have him perform “Eruption” as a tribute to his late father on this year’s program did not feel right to him.

Wolfgang had previous revealed that the Recording Academy had asked him to perform his father’s signature guitar solo (“Eruption”) during the 63rd annual Grammy Awards and he declined the invitation.

He spoke with Rolling Stone about the decision. He said, “It just seemed like kind of a tone-deaf ask. It just didn’t feel right. And I think some people are, like, ‘Well, you should have just f***ing done it anyway.’

“And I don’t think they were really thinking about the emotional attachment to it. And just the fact that it isn’t the right thing to do and something I’m not comfortable with.

“I’ll always be here to champion my father and to further his legacy to the ends of the earth. I’m a little biased, but I think you cannot argue the impact that three guitar players had on the history of the instrument. And that’s Les Paul, Jimi Hendrix, and my dad. And so when something like this happens, you think he would be deserving of a bit more time.”

Eddie Van Halen Grammy Tribute Idea Didn’t Seem Right To Wolfgang

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください