行動を起こさなければ、偶然の出会いは起こらない

脳科学者、茂木健一郎さんのインタビューです。これはすばらしい。必読。

リンク: bpspecial ITマネジメント:インタビュー.

まず行動を起こさなければ、偶然の出会いは起こらないということ。さらに重要なポイントは、行動する理由や目的は何でもよいのだということです。Aを探していて偶然、Aとは全く関係ないBに出会ってしまい、しかもAよりもBの方が大きかった

行動を起こさないと、いつまでたっても何も変わらない。

 最近、ニートが社会問題になっていますが、彼らからよく耳にする「人生の目的や目標がないから何もやる気が起こらない」という主張のどこが間違っているかというと、目的や目標は何でもよい。要するに行動しなければBには出会えないということなのです。

これは強烈です。理屈はいいからとにかく何かやってみろということです。
「理屈はいいからとにかく何かやってみろ」はよく聞く台詞で、「それは成功者だから言えることであって、一般人には無茶」と、まともに聞く気になれなかったんです。上の言い方で、なんか心にスーッと入りました。

現役ニートはどうとらえるんだろう。

後編も凄く面白かった。ブログも読ませていただきます。(茂木健一郎 クオリア日記

タグ:

シェアする!

フォローする!

ブログランキング参加中!
ブログランキング参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ