北京五輪開会式の入場は「画数」順

リンク: 前代未聞の画数順で入場へ 北京五輪開会式(産経新聞) – Yahoo!ニュース.

前回アテネ五輪でもギリシャ文字のアルファベット順で入場順が決められた。

前回はギリシャ文字順だったことは知りませんでした。
それをうけての「画数順」ですか。斬新です。

ギリシャ文字順にした事情を知りたいと思うわけですが、近代五輪発祥の地への敬意とは関係ないのでしょうか。もしそうなら、今回の中国の発案はただの勘違いか、中華思想バンザイな考えに基づくものということになります。

 画数の少ない国・地域から入場するが、先頭は慣例で近代五輪発祥の地、ギリシャが務める。その次は最初の1文字が2画の「几内亜(ギニア)」となる見込み。日本は「貝寧(ベニン)」と同じ4画+5画で10番台後半となりそうだ。

ごめん、ベニンてどこ?

こんなのありました チベット事件のまとめガイドライン

シェアする!

フォローする!

ブログランキング参加中!
ブログランキング参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ