ハッブル宇宙望遠鏡、修理せず廃棄へ ホワイトハウス方針(01/24 19:45)

Sankei Web 国際 ハッブル宇宙望遠鏡、修理せず廃棄へ ホワイトハウス方針(01/24 19:45) によると、ハッブル望遠鏡は、修理の時期が来ているらしいのですが、その修理をせずに廃棄されることになったようです。修理する代わりに、大気圏再突入用ブースターを装着するとのこと。
悲しいことですなあ。お金はこういうところから削られていくのですね。
次期宇宙望遠鏡はいつごろ打ち上げの予定でしたか。