スラッシュドット ジャパン | 火星の南極に大量の氷を発見

火星の南極に大量の氷があることが発見されたそうです。

本家/.の記事より。ESAの火星探査機Mars Express搭載のMARSIS(Mars Advanced Radar for Subsurface and Ionospheric Sounding: 地表下・電離層探査レーダー測器。測器の設計についてはESAの説明などを参照)の観測によって、火星の南極の地表面下に惑星全体を深さ10mで覆うほどの量の氷が発見された(Space.comの記事ESAのプレスリリース2007/3/15号のScience誌掲載の論文abstract)。レーダーの減衰の状況から、ほぼ純水による氷と見られる。

太陽系最大の火山であるオリンポス山があるので、当然ながら実際にはすべてを均一に覆うことにはならないだろうが、生命の揺り籠に為り得たかもしれない海が過去に存在した可能性や将来のテラフォーミングの見地から興味深い観測と思われる。

地球外生命発見のニュースへまた一歩近づきました。

リンク: スラッシュドット ジャパン | 火星の南極に大量の氷を発見.

タグ: