旅客機に畳とかコタツはつけられないんですか?

YS-11 以来の国産旅客機を作っているそうで、その概要が発表されました。

リンク: NIKKEI NET:企業 ニュース.

三菱重工業、国産ジェット機の概要を発表

 三菱重工業は11日、官民共同で開発中の国産ジェット機「MRJ(ミツビシ・リージョナル・ジェット」の概要を発表した。70―90人乗りで燃費効率を競合機に比べ約2割向上させる。18日開幕のパリ国際航空ショーに実物大模型を出展し、航空会社などの評価を聞いた上で基本設計を決定。受注状況を見極め、来年3月までに事業化の可否を決める。

NHK の 7 時のニュースでもやってまして、プロモーションビデオみたいなのが放送されていました。

それを見て思ったんですが、国産旅客機というなら、日本的な快適空間を演出するためにも、座敷とかコタツとかの間を作ったらどうかと!
離陸着陸の時は椅子に座っていないと危険ですが、ベルト着用サインが消えたら移動自由で、座敷で寝そべってテレビ見たりとか団らんできる。エコノミークラス症候群なども解決します。

ナイスアイデアだと思い、近くにいた母に提案してみたところ、母曰く

「はぁ?バカやないと?」

一蹴w

飛行機ってもうホント苦痛でしょうがないです。と言っても 30 分しか乗ったことないんですけどね。30 分であれですから、国際線なんて絶対無理です。肉体だけでなくて精神的にも苦痛です。乗り物に乗ってるというか、「運搬」されてる感がすごくあって屈辱的。

「旅客機 2.0」の到来を待っています。

シェアする!

フォローする!

ブログランキング参加中!
ブログランキング参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ