スポンサーリンク

iPS細胞をガン遺伝子なしで作ることに、もう成功。

リンク: 日本の真実 がん遺伝子を使わない万能細胞の作製に成功 山中伸弥京大教授.

前回発表したiPS細胞の作製方法では、皮膚細胞にがん遺伝子を含む4つの遺伝子を組み込んでいました。今回はがん発生にかかわるとされる遺伝子c―Mycを除く3つの遺伝子を組み込んで培養し、iPS細胞の作製に成功しました

今回の方法で出来たiPS細胞を組み込んだマウス26匹は、生後100日が経過しても、がんは発生しませんでしたが、がん遺伝子を使って作製したiPS細胞を組み込んだマウス37匹のうち6匹にがんが発生したということです。

先日、iPS細胞を作るために導入する遺伝子の中にガンの遺伝子があるので、これを解決するのがまず問題という話を聞いて、これは簡単にいかんのではないか、やはり夢の医療は夢なのかとガックリしたわけですが、もう解決したとのこと。
これはすごいわw加速してるわwアメリカの研究チームは、もう成果出してるし。
どんどんやれーもっとやれー

コメント

タイトルとURLをコピーしました