はやぶさ2プロジェクトの進み具合が発表されました

今回、小惑星からサンプルを持ち帰ることが、はっきり目標として設定されました。はやぶさの快挙を見ると当たり前の目標設定に思えますが、ハードルは高いです。

JAXA|はやぶさ2の状況について

2014年に打ち上げ、2018年から2019年にかけて小惑星1999JU3に到着してサンプルを採取、2020年に地球へ帰還する予定です。

打ち上げロケットが H-IIA になって余裕が出るからか、はやぶさの 510Kg より一割以上重い 600Kg になるとのこと。

6.まとめ

開発研究段階 開発研究段階においては、宇宙開発委員会での開発研究移行評価における助言を踏まえ、システム全体について検討を深め、新規開発を要する機器につ
いてフロントローディングを行い、実現性を確認した。 

以上から、はやぶさ2の開発研究段階における作業が終了し、開発移行の準
備が整ったため、宇宙開発委員会での開発移行の評価を受けることとする。

期待が膨らみます。

シェアする!

フォローする!

ブログランキング参加中!
ブログランキング参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ