VAIO Phone が発表されましたが、Windows Phone じゃないのかと残念がる以前の問題だったようです

boy-666803_1280

ウワサの『VAIO Phone』がお披露目されました。全然VAIOなところが見られず、肩すかしもいいところです。

日本通信とVAIO、5型スマホ「VAIO Phone」を3月13日に発売――端末価格は5万1000円で音声SIMは月2980円から – ITmedia PC USER.

まず、勝手に私が想像していたのが、本体色は紫が標準だろうということです。普通に黒でした。

l_mm_vaio04

もう一つ期待してたのは、「日本初の Windows Phone!」でした。これも普通に Android です。

スペックにしても、高機能を詰め込んだ VAIO Z の様な、技術者の熱意が感じられるものではありません。画面が HD ですらないのは、逆になにかこだわりを感じますが、深読みしすぎでしょうか。

機種名 VAIO Phone(VA-10J)
OS Android 5.0
プロセッサ 1.2GHzクアッドコア
メインメモリ 2Gバイト
ストレージ 16Gバイト
外部メモリ microSD(最大64Gバイト)
ディスプレイ 約5型TFT IPS液晶
解像度 720×1280ピクセル
バッテリー容量 2500mAh
連続通話時間 最大約800分
連続待受時間 最大約500時間
メインカメラ 有効画素数約1300万画素/CMOS
インカメラ 有効画素数約500万画素/CMOS
サイズ 約71(幅)×7.9(奥行き)×141.5(高さ)ミリ
重量 約130グラム(バッテリー含む)
カラー ブラック
販売開始日 3月13日

VAIO のサイトは技術オリエンテッドな気合いの入った文言が、そこかしこに散りばめられて、モノを買うのではなくて職人の技とかストーリーを買う的な機械式腕時計でも売ってるのかみたいな気持ちの高ぶりを感じますが、それとこの Windows Phone の落差が激しくて、このやる気のなさというか遠慮したスペックは、もしかして Xperia に気を遣っているのかなと勘ぐったりしてしまいます。

vaioz

でも、VAIO ブランドに傷を付けるようなことをしてまで、あえてスマホに参入するかなとも思うわけで、どっちにしろ、この VAIO Phone は VAIO株式会社のためにはマイナスにしかならない製品だよなあという結論です私の中で。

なにより、プレスリリースのPDFのタイトルが「Microsoft Word – 戻し 20150312_pressrelease V_Jnf_Vaio」である時点で、やっぱりやる気ないのかなと。

vaiozpdfproperty

パナソニック台湾で出してるスマホとそっくりだという話もでたりして、コレが本当ならラベル代が2万円することになって、本当にやる気なくてやっぱり VAIO もブランドに胡座をかいちゃったのかな、そこはソニーのDNA受け継がなくてもいいのにと残念に思いました。

外箱とロゴ以外パナソニックのスマホとソックリなVAIOスマホを発表した日本通信、クソ端末より一足早く株の投げ売り始まる : 市況かぶ全力2階建

件の高音質SDカードを週刊アスキーがガチで検証してみたようです

anchor-108642_1280

期待して読んだのですが、検査方法に不備があって、本当に効果があると納得はできませんでした。

SDカードで音質が変わる?誰もが効果を疑う ソニーの“高音質”SDXCカードの効果をガチで検証 – 週アスPLUS.

 比較対象として、ソニーのふつうのマイクロSDXCのほか、ふだんタブレットに挿しているサンディスクのマイクロSDXCも用意しました。楽曲ファイル 転送時のSDカードアダプターも念を入れて付属品ではなく、他社製(恐らくサンディスクか東芝の付属品)と、データ改ざんが行なわれないよう注意。 『SR-64HXA』以外にソニー製品がひとつもない、完全アウェイ環境での検証です。

いろいろと念を入れたのはよかったのですが、肝心のテスト実施方法を二重盲検法で行わなかったので、全く参考にならないガチ検証になってしまいました。

二重盲検法 – Wikipedia

聞いた瞬間に違いがわかるということですが、検査がそのような方法なため、利害関係者は誰も関わってなくてガチですと気合いを入れたところで、無駄なことを一生懸命やった空振り感が助長されるだけだという。。。SDカード入れ替えて聴くだけなので、あんまり大変な作業ではないですが。

怪しまれるといけないので先に断っておきますが、これはメーカーも代理店も週アス編集部も検証結果に一切関与しない、超ガチな聴き比べです。

アスキーの中の人は、オタク気質の人にありがちな雑学に無駄に詳しい人だらけだと思ってたのですが、そうでない人もいるんですね。

 はたして本当に音質差はあるのか……ソニーの高音質マイクロSDXC『SR-64HXA』とソニーの通常品マイクロSDXC、さらにサンディスク製を差し替えて聴き比べてみると……ほとんど聴いた瞬間に音質差がわかるというレベルで違いが現われました。ソニーの高音質マイクロSDXCカード『SR-64HXA』は、圧倒的に高音質です!! ソニー好きで知られる週アス編集長の宮野さんにすら「ホントぉ~?」と言われましたが、ホントに音がよいのです。

プラセボ効果では違いが出ることはわかりました。

厳密なガチ検証記事が読みたいです。アクセス数稼げると思いますし、是非リベンジをおねがいします。

アマゾンで当該製品を見てみたら、評価☆5つになってて驚愕。レビュー見て衝撃。

ソニー曰く、SDカードの色で音が変わる(笑)

headphones-424163_1280

ソニーはもうだめかもわからんね。読み進めると、だんだん気分が悪くなってくるプロモーション記事でした。

【藤本健のDigital Audio Laboratory】第626回:ソニー“高音質”microSDカード開発者に質問をぶつけた – AV Watch.

内蔵メモリーで再生するのと、microSDを使って再生するのでは、明らかに音が違って聴こえたのです。あまりにも差があるので、これはさすがにデータとして可視化できるのではないか……と、周波数特性やSN、ダイナミックレンジ特性、THD+N特性など測定してみたのですが、やはりなかなか違いは見出せませんでした。

測定してもう違いが見出せなかった時点で、製品化の話は白紙になるのが普通だと思うのですが、ここでGoサインが出るのが今のソニーです。

何より凄いのが価格で、SSDで有名だから品質も悪くないと思われるTranscend製の4倍もするのです。もうオーディオマニアを釣るくらいしか道が残されていないと考えたのか、もうやぶれかぶれなのか、むちゃくちゃな値付けです。

黒の本体に金色の文字の組み合わせが、良い音が出る色だったのでしょうね。たまたま高級感の出るカラーリングになってよかったですね。

次回は、これとノーブランドの激安品とを比較した記事をお願いします。ちゃんと二重盲検法でね。

VAIOブランドのスマートフォンが登場

telephone-586266_1280

自由になったVAIOがXperiaと競合するのでしょうか。

日本通信とVAIOが協業–1月にも日本でVAIOブランドのスマートフォンを投入 – CNET Japan

 日本通信とVAIOは12月25日、日本通信が構想する通信とハードウェアを組み合わせたソリューションに必要なモバイル機器に関し協業することで合意したと発表した。

 1月にもVAIOブランドのスマートフォンを日本市場に投入するプロジェクトを既に進めているという。

私はMVNOはよくわからないのですが、現在のMVNO市場には有名な端末あるんですかね。

ブランド名は浸透しまくってるVAIOが、それなりにクオリティの高い製品を出せば、マイナーカテゴリのMVNO自体のイメージアップにも貢献できそうな気がします。

そうなると、ドコモとかauから客が移って、Xperiaの出荷台数減ってソニーの赤字拡大してXperia終了というシナリオもあり得るんですかね。

そうでなくても、ソニーはタブレットやめるという噂があるほどですから。

「Xperia」タブレット撤退の行方 すぐにではないが様々な変更が予想 – ライブドアニュース

て思ったら、普通のスマホを出すっぽい。

独立「VAIO」、ソニーと競う 15年1月にもスマホ参入  :日本経済新聞

画面サイズは成人男性が片手で持ちやすい5型前後になる見通しで、(略)

端末を含む料金は今後詰めるが、通信費を含む2年間の平均利用料金が16万~20万円の携帯大手のスマホと、同7万~8万円の格安スマホの中間に設定する考えだ。

普通のスマホですね。わざわざVAIOブランドで出す意味あるんかな。VAIOって書いておけば中華スマホに勝てると思ってるなら甘いと思いますよー。

Windows Phone だったら個人的に食指が動きますw

ソニーはこの記事を読め

ユーザーが思っていることズバリ言ってくれちゃってます。

ソニー迷走はいかにして起こったか : ギズモード・ジャパン

要因その1 プロプライエタリのフォーマット

要因その2 コミットしたくない

要因その3 傲慢

私は、要因その1が大きいと思います。
「囲い込み」が「閉め出し」になってるんですよね。

がんばれソニー!

PS3 トルネのPVでソニーが本気出したようです

PS3 用地デジチューナー「トルネ」ですが、どうやらソニーはこの製品に本気らしいです。

YouTube – PS3 torne(トルネ) PV

プロモーションビデオが素敵。とてもおしゃれですもの。

テレビCMもこんな感じでやれば、売れるんじゃないですかね。
かなり心が動きました。PS3 持ってないから買いませんけど。

ソニーがネットブックを作ったら、、、なんじゃこりゃー!!

リンク: VAIO type P -Sony Style.
ネットブックじゃねえコレー!
「重いよなー、せめて1kg切って欲しいよなー」という悩みを、一発で解決してくればばかりか、それを遙かに通り越して600グラムて。。。PSP 3個ぶん!!!
ネットブックという言葉には既に安っぽいイメージが付いていますので、これをネットブックと呼ばれるのはソニーさん心外でしょうね。わたしもこれをネットブックとは言いたくないです。
今まで言ってたモバイルって一体なんだったんだ。。。
ここまで書いて気がついた。「あなたのノートパソコンを見る目は永遠に変わる」になっちゃってるー!ソニーの術中にはまっちゃってるー!
確かに、これからモバイルpcを選ぶときには、これを基準に考えてしまうわ。。。
超かっこいいよーやばいよー欲しいよー。

革命的な新VAIOノート。期待は高まります

リンク: ソニー、1月9日に「革命的な新VAIOノート」を発表へ – Engadget Japanese.
CES開催中の1月9日に発表されるそうです。

解説には「あと数日で、あなたがノートPCを見る目は永遠に変わる」。

バーゲン中のソニー株は今のうちに買っておいたほうがいいのでしょうか。