Wordpressテーマ移行作業中です。ページ遷移のたびに見た目が変わる可能性があります。

ALS患者からiPS細胞を作製

リンク: ALS患者からiPS細胞 遺伝性難病患者も再生医療の可能性 米ハーバード大研究チーム作製 – MSN産経ニュース.
私に極めて近い人がこの病気(ALS)で亡くなっているので、大変興味のあるトピックです。

研究チームは、京都大の山中伸弥教授らが最初にiPS細胞を作成したときに用いた4つの遺伝子を、遺伝性ALSの82歳の女性患者から採取した皮膚細胞に導入して、iPS細胞を作った。さらに、このiPS細胞をALSで障害が現れる運動神経細胞に分化させることにも成功した。

今までALSのニュースと言えば、「関係のありそうな遺伝子を見つけた」程度のばかりで、正直、研究が進んでいる実感は皆無だったのですが、今回のは確実な一歩だと思えます。

コメント