Wordpressテーマ移行作業中です。ページ遷移のたびに見た目が変わる可能性があります。

書籍/雑誌

スポンサーリンク
書籍/雑誌

今までで最もブックマークされたAmazonの本ベスト50のうち、私が読んでるのは23冊

必ず読んでおきたい、今までで最もブックマークされたAmazonの本ベスト50 - いいモノ紹介ブログブックストッパーは本じゃないので、本は22冊です。1位から3位まで読んでなくて、4位から9位まで読んでます。やっぱり1位の「フリー」は読んで...
書籍/雑誌

【読んだ】飛び道具の人類史-火を投げるサルが宇宙を飛ぶまで

よく「ヒトは二足歩行をすることによって手を自由に使えるようになった」と言いますが、その自由になった手でなにをしたかというと、投擲ではないかと。人間はモノを飛ばすこと、自分が直接手が届く範囲より遠くのものに影響を与えたい生き物というストーリー...
時事

「ヤバい経済学」によると、大相撲の八百長は明々白々。

「相撲界を揺るがす」大事件、大相撲八百長疑惑ですが、私が最近読んだ「ヤバい経済学」で言及されていましたよ。7勝の力士と既に勝ち越している力士の対戦では、7勝の力士が勝って勝ち越しになる確率が有意に高いという内容でした。怪しいよねウフフなんで...
スポンサーリンク
書籍/雑誌

[読んだ]グーグル秘録

私個人としては、ザ・サーチ以来のグーグル本。こっちのほうが詳しくて濃いです。グーグル創業者やCEO、競合する会社や、グーグルのことが大嫌いである新聞社やテレビ業界のトップの証言がたくさん収められています。外からはわからない内部の様子が面白い...
書籍/雑誌

【読んだ】超ヤバい経済学

二匹目のドジョウですが、前作に負けず劣らず視点がすばらしいです。おすすめ。扱っている話題はこんな感じです。ゾウとサメ、どっちが怖い?酔っ払って歩くのと酔っ払い運転、どっちが危険?ポン引きと不動産屋さん、どっちが偉い?お医者さんはちゃんと手を...
書籍/雑誌

【読んだ】ヤバい経済学

名前のところ面白かったですね。アメリカの例なのでピンとこないのですが、子供の名前の付け方が頭の悪さと比例するというのは納得できるかなあと思いました。日本でも DQN ネームというのがありますね。確かに、学のある人は決して自分の子に「光宙(ぴ...
書籍/雑誌

【読んだ】最強の集中術

いろんな集中術のハウツー本です。そのうちの一つが気に入りました。「できなかったら(負けたら)どうしよう」と思い始めると、気が散って集中できなくなる。今できることをに集中して「結果は後からついてくる」を実践すべき。コツはまさに「一番一番、自分...
宇宙/天文

[読んだ]ブラックホール戦争 スティーヴン・ホーキングとの20年越しの闘い

「ブラックホールに落ちた情報は消えてしまう」とホーキングが言ったことから始まった論争の20年越しの一部始終。 はっきり言って、この本に書いてあることの半分も理解できていません。ひも理論はもとより、ホログラフィック原理なんてサッパリです...
宇宙/天文

銀河団が同じ方向に流れている「暗黒流動」という現象の説明はなんと、「宇宙の外から引っ張られている」

「お空の星々は地球から遠ざかっている」という、いつもの話ではありません。 「お空の星々が同じ方向に流れているようだ」という話。(`・ω・´)宇宙には「暗黒流動(ダー クフロー)」という壮大な運動原理が働いているようです 「数百個の銀河団が時...
対馬

[対馬の本]勇午 北九州・対馬編 (KCデラックス) (コミック)

アマゾンのレビューがどれもアツイのですが、アツイ漫画なんですかね。勇午 北九州・対馬編 (イブニングKCDX)posted with amazlet at 10.12.15赤名 修 講談社 Amazon.co.jp で詳細を見るたとえば、「...
スポンサーリンク